DHCホットクレンジングジェル!温かみや使用感についての体験談!

dhcg1

DHCホットクレンジングジェルは、美容成分98%をたっぷり配合した、じんわり温かい温感クレンジング。

ホットクレンジングの中では、比較的試しやすい価格になっています。

どのような感じなのか、使ってみました!

※DHCホットクレンジングジェルは名称がDHCホットクレンジングジェルEXに変わり、以前のものとは多少変わっています。例えば以前は美容液成分が98%でしたが、EXでは99%になっていますし、成分も多少変更されていますのでご注意下さい

●合成香料不使用、合成着色料不使用、パラベンフリー、石油系界面活性剤不使用、鉱物油不使用 ●200g






DHCホットクレンジングジェルの概要

DHCホットクレンジングジェル
ホットクレンジングはとても人気で、いろんなメーカーで出していますよね。

DHCホットクレンジングジェルは、じんわり温かくなる、温感効果が感じられるクレンジング。

美容成分を98%も配合し、なめらかで透明感のある、すこやかな肌に整えるというものです。

DHCなので、価格も比較的リーズナブルなっています。

どのような使用感、メイク落ちなのか使ってみたので、感想を書きますね!

DHCホットクレンジングジェルの使用感

DHCホットクレンジングジェル
DHCホットクレンジングジェルのテクスチャは、色が濃くかなり重め。

取り出すときはすんなり出てきますが、かなり粘度も高い感じで、伸ばしてみてもス―っとは伸びてくれません。

なので、使うときは間違いなく、事前に手の平でなじませておいたほうがいいです。

なじませているうちに、温感効果で手もポカポカしてきます。

香りは柑橘系(ハニーハーバル)の香りで、オレンジに近いような感じです。

フルーツそのままっていうよりは少し濃い感じですが、癒されるようないい香りです。

手でかなりなじませていても、顔にのせるときはまだまだ重い感じがします。

それでもさらに顔の上でなじませていると、ポカポカと温感効果が感じられますし、多少はスムーズに伸びるようになってきます。

ただ、この手のホットクレンジングすべてに言えることですが、温かみについては環境に左右されます。

気温や湿度、皮膚の温度も高いほうが、より温かく感じます。

なので、かなり温かく感じることもあれば、そうでもないと感じることも正直あります。

これについては、DHCでは使い方についてのアドバイスは特にないようですが、同じようなホットクレンジングのマナラは、使用方法のアドバイスを行っています。

それが、「冬などの寒い時期は温感効果を感じにくいため、入浴時に使うのがおすすめ」というものです。

お風呂場の温かさとスチーム効果で、温感効果を感じやすくなります。ただ、ぬれた状態はNGなので、水気は拭き取って下さいね!

すすぐときは粘度が高いせいか、いきなり落とそうとするとなかなか落ちません。

最初に水やぬるま湯である程度なじませてヌルヌルした状態にしておいてから、本格的にすすぐとけっこうすんなり落ちます。

そして、洗い上がりはツルスベでややしっとり。人工的な感じがなく、自然な感じで使用感はすごくいいですよ!

あと、事前に口コミで見ていたので気を付けているんですが、目に入るとかなりしみるそうなので、使うときは気を付けて下さいね!

DHCホットクレンジングジェルの成分

DHCホットクレンジングジェルの成分

グリセリン、プロパンジオール、ジ(カプリル酸/カプリン酸)プロパンジオール、水、グリコシルトレハロース、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、加水分解水添デンプン、アクリレーツコポリマーNa、BG、オリーブ果実油、ヒマワリ種子油、スクワラン、ダイズ油、アンズ核油、ハチミツ、ミツロウ、イソステアリン酸PG、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒポファエラムノイデス果実油、レシチン、リン脂質、ダイズステロール、糖脂質、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、サッカロミセス溶解質エキス、アセチルヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、ダイズイソフラボン、ザクロエキス、ブドウつるエキス、ユズ果実エキス、トマト果実/葉/茎エキス、ニンジン根エキス、アカツメクサ花エキス、アメリカショウマ根エキス、イタドリ根エキス、ウワウルシ葉エキス、カラトウキ根エキス、クズ根エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ミトラカーパススケーバーエキス、ローズマリー葉エキス、アルデミシアパレンス花/葉/茎油、オレンジ油、カニナバラ果実油、チョウジつぼみ油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、レモン果皮油、ビサボロール、トコフェロール、ピロ亜硫酸Na、ビオチン

DHCホットクレンジングジェルのメイク落ち

※音が出ますのでご注意下さい


DHCホットクレンジングジェルでポイントメイクを落としているところ

DHCホットクレンジングジェルでファンデーションを落としているところ
DHCホットクレンジングジェルのメイク落ちは、ジェルタイプにしてはいいです。

WPのマスカラはほとんど残りましたが、他のメイクはだいたい落ちました。

ただ、いきなりメイクとなじませようとすると、テクスチャが硬くて重いせいか、なじむのに時間がかかります。

なので、ある程度手の平でなじませておいた方が、メイクとなじませるときもラクです。

これについては、口コミサイトでの口コミをみても、「テクスチャが硬くて伸ばしづらい」とか、「メイクとなじみにくい」という意見があります。

テクスチャは、確かに硬く重めではありますが、ある程度なじませておくことで、なじみが良くなりますし、メイク落ちもなかなかのものだと感じています。

DHCホットクレンジングジェルのポイントは、事前にどれだけテクスチャをなめらかにして、メイクとなじませることができるかということでしょう。

なので、「忙しいから手早くメイクを落としたい」という人にはあまり向いていません。

少しなじませるのに時間が掛かっても、温感効果を感じたい、ややしっかりめのメイクを落としたい、自然な洗い上がりが好きという人におすすめです!




関連記事

運営者情報

これまでに購入したクレンジング

北海道在住のクレンジング好き一家で鈴木と申します。家族でいろいろ購入し、試したクレンジングは200種近くになりました。このサイトは自分たちの備忘録的な意味もありますが、図書館で調べものをするように、様々なクレンジングを調べることができるようにしたい!そんな意味を込めて、クレンジング図書館として運用しています。
ページ上部へ戻る