キュレルジェルメイク落としを体験!肌にやさしいのか使ってみた!

cgc1

キュレルジェルメイク落としは乾燥性敏感肌を考えて作られたクレンジングとして、非常に注目されています!

刺激はないのか、メイク落ちはどうかなど実際の使用感をレポートしますね!

●弱酸性 ●無香料、無着色、アルコールフリー ●アレルギーテスト済み
●130g



スポンサーリンク



キュレルジェルメイク落としの概要

キュレルジェルメイク落とし
キュレルジェルメイク落としは乾燥性敏感肌の人のことを考えて作られたクレンジングです。

肌を健やかに保つために大切なのが肌の必須成分であるセラミド。

セラミドが不足した状態だと、バリア機能が上手く働かず、外部刺激に弱くなってしまいます。

そうすると乾燥したり、肌荒れしやすくなってしまうんですね。

↓セラミドの重要性が分かる動画↓

でも、顔やからだを洗うときは、洗浄料とともにセラミドも流れ出てしまいがちなんです。

そこでキュレルジェルメイク落としはセラミドを守りながら、しっかりとメイクを落としてくれるクレンジングになっています。

セラミドケアと書かれていますが、セラミドが配合されていてセラミドによるケアをするという意味ではなく、肌本来が持っているセラミドをサポートするイメージです。

キュレルジェルメイク落としの使用感

キュレルジェルメイク落とし
容器やフタの部分がツヤ消しになっていて、一般的な市販のクレンジングと比べると、一回りくらい小さいです。

テクスチャがけっこうしっかりしていて、容器を下に向けただけでは落ちてきません。

軽く押すと出てきますが、タラ―っと垂れてくるような感じじゃなく、チューブ状のままニューっと出てくる感じです。

香りは無香料なのでほとんどしないですね。

テクスチャはしっかりしているけど重いわけではなく、スムーズに顔全体に広げることができます。

オイルとかリキッドのようにダラダラと垂れてくることがないので使いやすいです。

すすぎでもサッと落ちますし、刺激などもなく、つっぱるようなこともありません。

やさしい使い心地だけど、しっかり落ちているような感覚があります。

使ったあとが圧巻で、ややしっとり感があり、肌がむき卵のようにツルスベになりました。

ただ、キュレルジェルメイク落としはW洗顔が必要なクレンジングなので洗顔する必要がありますし、他の市販のクレンジングと比べてコスパはあまりよくありません。

それでも、他のクレンジングは刺激が強かったり肌に合わないと感じている人は、キュレルを使ってみる価値はありますよ!

キュレルジェルメイク落としの成分

キュレルジェルメイク落としの成分

グリチルリチン酸2K、ソルビトール液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、グリセリン、POEオクチルドデシルエーテル、精製水、流動イソパラフィン、シクロジメチコン、イソノナン酸イソノニル、BG、イソプロパノール、ジステアリルジモニウムクロリド、パラベン

キュレルジェルメイク落としのメイク落ち

キュレルジェルメイク落としでポイントメイクを落としているところ

キュレルジェルメイク落としでファンデーションを落としているところ

キュレルジェルメイク落としは、乾燥性敏感肌の人向けの商品なので、メイク落ちも控えめなのかと思っていましたが、意外とそうでもありません。

ジェルタイプにしてはすごく落ちがいいです。

WPのマスカラはほとんど落ちませんでしたが、アイシャドウ、アイライナー、リップはなじませているうちにほとんど落ちてしまいました。

ファンデーションもクリーム、リキッド、パウダーともになじませているうちにほぼ落ちた感じです。

肌が弱ければそこまでしっかりメイクはしないと思うので、キュレルジェルメイク落とし1本でほとんどのメイクに対応できると思います。

ただ、口コミの中にはメイクがあまり落ちないと書かれている方もいます。

その辺はどのようなメイクをしているかにもよりますし、化粧品との相性もあると思うので、何とも言えないところではあります。

確かにウォータープルーフは落ちなかったですけど、アイライナーもスルスルなじみましたし、個人的には使用感もメイク落ちも良いクレンジングだと思うので、敏感肌で、使えるクレンジングが少ない人は試してみてほしいと思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る