ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの温感効果は?

slhc1

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングはCMでも話題のホットクレンジング。

温感効果はどのような感じなのか使ってみました!

●パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリー、シリコーンフリー ●W洗顔不要 ●200g



スポンサーリンク



ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの概要

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジング
ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングは、温感効果で毛穴の黒ずみやざらつきにアプローチするメイク落とし。

美容液成分が90%も配合されています。

Hey! Say! JUMPがやっているCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

デザインもすごく可愛らしいんですよね!

ラチェスカホットクレンジングの温感効果ってどんな感じなのか使ってみたいと思います。

ただ、このクレンジングの使用法を見ると分かるんですが、「目元・口元へは使用しないでください」という記述があり、アイメイクやリップなどのポイントメイクはリムーバー等を使うことが前提となっています。

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの使用方法

なので、マツエクなども避けて使うことになっているため注意しましょう。

また、一般的なホットクレンジング(ラチェスカもそうです)は、温感効果を出すための成分としてグリセリンが用いられています。

グリセリンによる温感効果は、周りの温度や湿度によって感じ方が違ってくるので、寒い時期などは入浴中に浴室が温まったところで使ったほうが効果を感じやすくなりますよ!

それでは使ってみますね!

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの使用感

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジング
ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングはかなり重めのテクスチャ。

はちみつのような感じで粘度が高く、ねばつきがあって糸を引くように伸びます。

香りはグレープフルーツでとっても爽やか。ちょっと甘めな感じですが、本当に美味しそうな香りです。

そのまま顔にのせると、最初はかなり重くて伸びが悪く感じますが、なじませて温まってくると、伸びがよくなってきます。

最初から手の平でなじませておいたほうが、スムーズになじませることができるので使いやすいと思います。

ラチェスカホットジェルクレンジングの最大の特徴である温感効果ですが、意外としっかりした温かみ。

瞬間的にというよりも、じわじわと温かくなってきて、鼻息などがかかるとかなり温かみを感じます。

私はホットクレンジングをいくつか使いましたが、例えば有名なマナラホットクレンジングゲルと比べても、遜色ない感じ。

すすぎではスベスベした感じが残りますが、洗い終わったあとは、どちらかというとややさっぱりな感じがしました。

もう少し、しっとりをイメージしていましたが、特につっぱるわけではないですし、ポカポカもしっかりしていて、いいクレンジングだと思います。

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの成分

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングの成分

グリセリン、PEG-8、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、アーチチョーク葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、BG、TEA、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、クエン酸、リンゴ酸、水、香料、カラメル

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングのメイク落ち

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングでポイントメイクを落としているところ

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングでファンデーションを落としているところ

ソフティモラチェスカホットジェルクレンジングのメイク落ちはジェルタイプとしてはいいほうです。

WPのマスカラは落ちませんが、その他のメイクはほとんど落ちました。

アイライナーは、あまりなじまないなーと思っていたんですが、洗い流すときにクレンジング剤と一緒に落ちました。

あとのメイクはじわじわとなじんでいく感じで落ちたので、ナチュラルメイクであれば普通に使えそうです。

ただ、今回はお試しでアイメイクやリップなどのポイントメイクを落としてみましたが、ラチェスカホットクレンジングは目元や口元には使わないよう使用方法に書かれています。

アイメイクやリップは、リムーバーなどの他のクレンジングで落とすことが前提なので、そこはメーカーさんの説明を守って使うようにして下さいね!

それ以外の部分では、温感効果もしっかりした温かさを感じることができたので、ホットクレンジングが初めてという人もお試ししてみる価値はあると思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る