ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターの使い心地は?

bscw1

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターはCMをご覧になったことがある方も多いと思います。

注目のクレンジングの使い心地を確かめてみました!

●オイルフリー、アルコールフリー、無香料、無着色 ●弱酸性 ●320ml



スポンサーリンク



ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターの概要

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーター
ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターはCMで知った方もいると思います。

松岡茉優さんが出演しているあのCMです。

↓素肌つるるんクレンジングウォーターのCM↓

拭き取りタイプなんですが、上からプッシュしてコットンにしみ込ませるという、いっぷう変わった使い方をします。

急いでいるときや、面倒なときは便利そうですよね。

素肌つるるんクレンジングは、保湿成分たっぷりで、メイクや古い角質などもやさしく落としてくれるという商品。

夜メイクを落とすだけじゃなく、朝のスキンケアとしても使うことができます。

ただ、注意書きにはっきり書いてあるんですが、「ウォータープルーフのマスカラは落ちない」となっています。

実際どの程度のメイク落ちなのか、使い心地を確かめてみましょう!

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターの使用感

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーター
まず、ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターは容器が変わっていますね。

けっこう横幅があって、1番長いところで8.5cmくらい。

上からプッシュして使うので、これくらい下がしっかりしていないと倒れる可能性があるからだと思いますが、少々場所はとります。

プッシュしてコットンにしみ込ませるというのはとてもラクで、確かにかなりの時短にはなりそう。

遅く帰って来て早く寝たいときも、これだったらまだメイクを落とす気が起こりそうです。

テクスチャはサラサラで水っぽいテクスチャ。

手に取って触ってみましたが、ほんの少しぬるっとした感触はあるものの、サラサラに近いです。

3プッシュくらいすると、拭き取るのに十分な量が出ます。

なめらかな感じはほとんどしませんが、とくに摩擦を感じることなく拭くことができます。

ふき取ったあとは、ややしっとりしますが、少し時間が経つと、ほとんどサラサラな感じです。

試しに、朝も素肌つるるんクレンジングを使ってみましたが、さすがに洗顔ほどの壮快さはないですが、それなりにさっぱりしますし、肌もサラッとしていい感じ。

最初は拭くだけっていうのはどうかと思ったんですが、意外といけますね。つっぱりとかベタつきがなく、使用感はすごくいい感じです。

時間に余裕があるときとないときで、普通に洗顔したり、素肌つるるんを使ったりと、使い分けるのもいいと思います。

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターの成分

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターの成分

水、ラウリン酸PEG-12、DPG、BG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、プルラン、PEG-8、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ステアロイルメチルタウリンNa、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターのメイク落ち

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターでポイントメイクを落としているところ

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターを落としているところ

ビオレ素肌つるるんクレンジングウォーターは、「ウォータープルーフのマスカラは落ちません」と書いてある通り、やっぱり落ちませんでした。

アイライナーはスルッとはいかなかったので、他のメイクよりは少し長め(5~10秒くらい)になじませたほうがいいと思います。

その他のアイシャドウやリップなどのポイントメイクや、ファンデーション系はスルスルっていう感じで落ちてくれました。

基本的にメイク落ちはいいですね。

ただ、刺激もなくやさしく洗えますし、メイク落ちもいいですが、リキッドタイプとしては標準的な印象。

このクレンジングは「手早く使えて時短になる」というのが1番のポイントだと思うので、スキンケアの時間があまり取れない(または取りたくない)人にはとても便利なクレンジングになると思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る