専科パーフェクトリキッドを体験!好みが分かれそうな特徴があった!

spl1

専科パーフェクトリキッドはCMもやっている人気シリーズのリキッドタイプ。

使ってみたら、好みが分かれそうな意外な特徴がありました!

●W洗顔不要 ●ぬれた手OK ●無着色 ●アレルギーテスト済み ●230ml

スポンサーリンク



専科パーフェクトリキッドの概要

専科パーフェクトリキッド
専科パーフェクトリキッドは、ゴシゴシこすらなくてもしっかりメークもやさしく落とすクレンジング。

CMもしているシリーズなので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

パーフェクトリキッドはマスカラもしっかり落としきると書かれているので、メイク落ちはかなり期待できそうです。

それに手や顔がぬれていても使えるということなので、使い勝手も良さそう。

実際に使ってみたら、好みが分かれそうな意外な特徴があったので、使用感やメイク落ちとともにご紹介しますね!

専科パーフェクトリキッドの使用感

専科パーフェクトリキッド
専科パーフェクトリキッドは、押さなくても容器を傾けるだけで出てきます。

なので、出てくるところのまわりにクレンジング剤が付きやすく、使っているうちにフタのほうにも付いてしまったり、少しはみ出してしまうので、ときおり拭いた方がいいと思います。

それだけゆるいので、サラッと水みたいなのかと思いきや、意外ととろみがあって、トロトロ~っと流れ落ちる感じです。

このクレンジングの特徴の一つといえるのが香り。やさしく香るみずみずしいフローラルの香りと書かれています。

柔軟剤とか洗剤などにありがちなとても良い香りです。ただ、ちょっとクレンジングにしては強めかなって思います。

香りに敏感だったり、好き嫌いがある人は苦手な人もいるかもしれないので気を付けて下さい。

特に、洗剤や柔軟剤の香りが苦手な人は合わないかもしれません。

テクスチャは滑らかなので顔には広げやすいですが、すすぐときは少しヌルつきが残る感じ。

それでも水気をとると、意外と洗い上がりはさっぱりします。

肌もスベスベになったので使用感は悪くないですが、香りの好き嫌いが分かれそうです。

専科パーフェクトリキッドの成分

専科パーフェクトリキッドの成分

水、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、イソドデカン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、パルミチン酸エチルヘキシル、BG、DPG、エタノール、グリセリン、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、クエン酸Na、クエン酸、BHT、EDTA-2Na、ソルビン酸K、香料

専科パーフェクトリキッドのメイク落ち

専科パーフェクトリキッドでポイントメイクを落としているところ

専科パーフェクトリキッドでファンデーションを落としているところ
専科パーフェクトリキッドは基本的にメイク落ちがいいです。

アイシャドウ、アイライナー、リップはスルスル落ちます。

ウォータープルーフのマスカラは最終的にほんの少し残りましたが、もう一息っていうところまでは落ちました。

ファンデーションはどのタイプもスルスルと落ちていきました。

ウォータープルーフを使っていなければ、だいたいのメイクは落ちると思います。

ただ、手や顔がぬれていても使えるということなんですが、ぬれた状態だと、ウォータープルーフのマスカラとアイライナーは落ちが悪くなりました。

それでもアイライナーは時間をかけてなじませることでなんとか落ちましたが、しっかりメイクをしている場合は乾いた状態で使う方がおすすめです。

一応、専科パーフェクトリキッドの使用法にも、「落ちにくいメークをしっかり落としたい場合は、乾いた手肌でのご使用をおすすめします」と書かれています。

メイク落ちも使用感もいいので、おすすめできるリキッドクレンジングなんですが、気になるのは香り。

フローラルの香りが好きな人は使って癒されると思いますし、苦手な人は酔いそうな香りに感じるかもしれません。

それくらい香りの主張が強いと思います。

ほとんどの人は大丈夫だと思いますが、洗剤や柔軟剤の香りが苦手な人は、無理に使わない方がいいかもしれませんね、

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る