無印マイルドクリームクレンジングは使った後しっとりする?

mmcc1

無印マイルドクリームクレンジングは使った後のしっとり感を重視したクレンジング。

実際の使用感やメイク落ちの感想をつつみ隠さずお伝えします!

●ぬれた手OK ●無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリー ●150g

スポンサーリンク



無印マイルドクリームクレンジングの概要

無印マイルドクリームクレンジング
無印マイルドクリームクレンジングは、しっとり感が特徴のクリームタイプ。

乾燥が気になる肌をしっとり保つというクレンジングです。

無印のクレンジングの中では、マイルドな感じが強く、洗い上がりはややしっとりという位置づけ。

メイク落ちとしてはそんなに強くはないけど、その分やさしく洗えるということです。

メイク落ちが弱いとどうしても、ちょっと地味な感じになっていまいますが、無印のクリームクレンジングはどういう感じなのか確かめてみますね!

無印マイルドクリームクレンジングの使用感

無印マイルドクリームクレンジング
無印マイルドクリームクレンジングのテクスチャはしっかりめのクリーム。軽く押すとにゅ~っという感じで出てきます。

無香料で香りはほとんどしないです。

しっかりしたクリームなので、ボディークリームを肌に塗るような感覚。

なので、顔に広げるときは少し重い感じがしますが、体温で温かくなるとスッと軽くなって伸びやすくなります。

寒い時期などは、手のひらでなじませてから伸ばしたほうが使いやすくなると思います。

すすぐときは、オイルタイプのようなヌルヌルした感じはあまりしません。

多少はヌルつきますが、けっこうスッキリ落ちてくれるので、ヌルつきが気になるということはないですね。

さすが肌のしっとり感が特徴というだけあって、しっとりした感じの洗い上がり。

使用感はいいですし、弱酸性でできているので、まさに乾燥が気になる人向きのクレンジングです。

無印マイルドクリームクレンジングの成分

無印マイルドクリームクレンジングの成分

水、水添ポリイソブテン、DPG、パルミチン酸エチルヘキシル、ハイブリッドヒマワリ油、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、TEA、ポリソルベート60、ステアリン酸PEG-75、カルボマー、アンズ果汁、モモ葉エキス、グリセリン、BG、トコフェロール、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無印マイルドクリームクレンジングのメイク落ち

無印マイルドクリームクレンジングでポイントメイクを落としているところ

無印マイルドクリームクレンジングでファンデーションを落としているところ
無印マイルドクリームクレンジングのメイク落ちとしては、一般的なクリームタイプの落ち方という印象。

まず、ウォータープルーフのマスカラはほとんど落ちません。

アイライナーもなじませているときで1~2割、すすぎで3~4割くらい落ちる程度。

アイシャドウやリップはなじませる段階でほぼ落ちます。

ファンデーションのほうも、パウダーはスルスル落ちますが、リキッドはなじませているうちにじわじわと落ちていく感じ。

クリームタイプはなじませて1~2割くらい、すすぎで6割くらいまで落ちましたが、全部は落ちませんでした。

メイク落ちに関しては、特に落ちが良くも悪くもなく、普通かなと思います。

一応ぬれた肌でも使えると書かれているんですが、ぬれた状態で落としてみたら、アイシャドウは少し残ってしまいました。

ぬれた状態だと洗浄力はかなり弱めな感じがするので、乾いた状態で使ったほうがいいと思います。

※しっかりメイクを落としたい時は、水気のない状態でご使用下さいと使用方法にも記載あり

メイク落ちに関しては一般的ではありますが、使用感はしっとり感がありますし、弱酸性ということで乾燥肌や敏感肌の人は使いやすいと思います。

薄めのメイクで無印が好きな人なら、使って損はないと思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る