ポンズウォッシャブルコールドクリームを体験!ロングセラーの理由!

pwcc1

ポンズウォッシャブルコールドクリームは1992年に発売されて以来、リニューアルしながら売れ続けているロングセラーのクレンジングです。

人気の秘密はどこにあるのか、体験してみました!

●無香料、無着色 ●270g

スポンサーリンク



ポンズウォッシャブルコールドクリームの概要

ポンズウォッシャブルコールドクリーム
ポンズコールドクリームが登場したのが1907年。そして、ウォッシャブルコールドクリームが発売されたのが1992年。

かなり歴史のあるクレンジングです。

この記事を書いている2017年4月14日時点では、ポンズのクリームクレンジングは4種類発売されていて、それぞれ期待できる効果が違います。

ウォッシャブルコールドクリームの場合は、保湿しながらメイクを落とし、キメの整った肌へ導くクレンジングです。

ポンズのクリームクレンジングは、口コミサイトでも軒並み評価が高めなんですが、なぜそんなに人気があるのか、体験してみました!

ポンズウォッシャブルコールドクリームの使用感

ポンズウォッシャブルコールドクリーム
ポンズウォッシャブルコールドクリームのテクスチャは、けっこうしっかりしたクリームです。

以前、同じシリーズのエイジビューティーを使ったときは、もう少しテクスチャがやわらかい感じがしました。

また、エイジビューティーはフローラルの香りがするのに対し、ウォッシャブルのほうは無香料でほとんど香りはしません。

テクスチャがしっかりしているとは言っても、ボディクリームのように滑らかなので、顔に広げるときはとてもスムーズ。

270gの大容量なので、大胆に使えるところはいいですね。

マッサージしながらメイクとなじませていきますが、クルクルやっているうちに、顔が温かくなってきて血行も良くなる感じがします。

また、だんだんとクリームもオイル状になって、滑りが良くなってきます。

すすぐときにはオイル状になっているので洗い流しやすくなっていますが、落ちたかなという感覚になるには少し時間がかかりました。

30~40秒くらいはすすいでいたと思います。ただ、すすいだあとは、すごくしっとり!

エイジビューティーもそうでしたが、これがポンズクリームクレンジングの特徴なんでしょうね。

ここまでのしっとり感はあまり感じたことがないので、この使用感がポンズの人気の一つだと思います。

やさしくメイクが落とせるクレンジングを探している人は、とても使いやすいですよ!

ポンズウォッシャブルコールドクリームの成分

ポンズウォッシャブルコールドクリームの成分

ミネラルオイル、水、PPG-15ステアリル、ステアレス-2、PG、ステアレス-20、パラフィン、セタノール、ジメチコン、BG、変性アルコール、ステアリルアルコール、ステアリン酸、ハマメリス葉エキス、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、パルミチン酸、カルボマー、水酸化K、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン

ポンズウォッシャブルコールドクリームのメイク落ち

ポンズウォッシャブルコールドクリームでポイントメイクを落としているところ

ポンズウォッシャブルコールドクリームでファンデーションを落としているところ
ポンズウォッシャブルコールドクリームのメイク落ちは一般的なクリームタイプという印象です。

説明部分には、「しっかりメイクもやさしく落とす」と書かれていたので、少し物足りない感じはしました。

けっこうなじませたんですが、WPのマスカラやアイライナーはほとんど落ちなかったです。

また、クリームタイプのファンデーションも多少残ったので、しっかり系のメイクには少し弱めですね。

その他のメイクはほぼ落ちたので、薄めのメイクであれば、しっかり落ちると思います。

メイク落ちは可もなく不可もなくではありますが、使用感がすごくいいので、どちらかというと使用感が目当てで使っている人が多いような気がします。

メイクとなじむのに少し時間がかかるので、短時間でサッと落としたい人には向いていませんが、薄めのメイクをしていて、マッサージしながらリフトアップを目指す人にはいいクレンジングです。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る