雪肌粋うるおいクレンジングオイル!雪肌精との違いは?

suco1

雪肌粋うるおいクレンジングオイルの使用感やメイク落ちをチェック!

名前が似ている雪肌精のクレンジングとの違いもご紹介します!

●ぬれた手OK ●88ml

スポンサーリンク



雪肌粋うるおいクレンジングオイルの概要

雪肌粋うるおいクレンジングオイル
雪肌粋うるおいクレンジングオイルは、セブンイレブンでしか買えないスキンケア商品です。

「あれっ?でも他のお店でも見かけたような・・・」と私も思ったんですが、それは雪肌精のほう。

じつは雪肌粋(せっきすい)と雪肌精(せっきせい)は姉妹ブランドで、雪肌粋のほうは、セブン&アイとコーセーの共同開発商品のため、セブンイレブンでしか売っていないというワケです。

では、雪肌粋うるおいクレンジングオイルと雪肌精トリートメントクレンジングオイルでは、何が違うのかというのを、コーセーのお客様相談室に聞いてみました。

成分や香りが違いますし、値段も雪肌精のほうが高いという違いはありますが、クレンジングの役割としては以下のような違いがあるそうです。

・雪肌粋うるおいクレンジングオイル

セブンイレブン実店舗や一部のイトーヨーカ堂で販売。うるおいをまもりながら、メイクも毛穴のよごれもすっきり落とすクレンジングオイル

・雪肌精トリートメントクレンジングオイル

ドラッグストアや量販店等で販売。和漢植物エキスオイル高濃度配合のまろやかなタッチで肌を優しく包み込み、毛穴の奥に密着した黒ずみ・角栓やザラつきもすばやく浮かせてするりと落とすクレンジングオイル。



この説明を見ると、雪肌精のほうがうるおいもメイク落ちもより強力というイメージでいいのかなと思います。

ここでは、雪肌粋うるおいクレンジングオイルについての使用感やメイク落ちを確認しますね。

雪肌粋うるおいクレンジングオイルの使用感

雪肌粋うるおいクレンジングオイル
雪肌粋うるおいクレンジングオイルは、とろみのあるテクスチャです。

使い方には「ポンプを押して適量を取り」と書かれていますが、2プッシュくらいで大丈夫だと思います。

香りはハーバルグリーンフローラルで、とても良い香りです。

雪肌粋うるおいクレンジングオイルのHPを見ると、ハトムギエキス中心の和漢植物成分配合というのを強調していますが、漢方のようなニオイは全くしません。

柔軟剤などにありがちな香りですが、あまりきつくなく、爽やかな感じなので、苦手な人は少ないと思います。

最近はサラッとしたオイルタイプも多いので、顔に広げるときは少し重みを感じました。

摩擦を感じるときは、もうワンプッシュくらい出して、少し量を多めにして使ったほうがいいかもしれません。

すすぎではツルツルした感じは続きますが、水気をとってみると、成分が残っているような感じはしないですね。

ただ、うるおいクレンジングというわりには、正直あまりうるおいは感じないかな。

私が洗い過ぎているのかもしれませんが、どちらかというとさっぱりスベスベな感じです。

もちろん、つっぱったりすることはなかったですが、肌が乾燥しがちな30代、40代の人よりは、10代、20代の人のほうが使いやすい印象は受けました。

雪肌粋うるおいクレンジングオイルの成分

雪肌粋うるおいクレンジングオイルの成分

水、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ミネラルオイル、グリセリン、BG、エチルヘキサン酸セチル、シクロヘキサン-1、4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、トコフェロール、ハトムギ種子エキス、ハトムギ油、ビワ葉エキス、BHT、EDTA-2Na、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、スクワラン、ミリスチン酸イソプロピル、フェノキシエタノール、香料

雪肌粋うるおいクレンジングオイルのメイク落ち

雪肌粋うるおいクレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

雪肌粋うるおいクレンジングオイルでファンデーションを落としているところ
雪肌粋うるおいクレンジングオイルのメイク落ちですが、WPを落とすにはもうひと押し欲しい気がしました。

ウォータープルーフのマスカラも落ちる仕様なんですが、私が使っているものはわずかに残ったんですよね。

ほんとうにわずかなので、使っている化粧品によって落ちたり、落ちなかったりということはあると思います。

アイライナーはスムーズになじんで落ちましたし、他のポイントメイクやファンデーションは問題なく落ちたので、基本的にメイク落ちはいいです。

また、ぬれた手OKなので、思いっきり濡らした状態でも使ってみましたが、ウォータープルーフとのなじみ方は悪くなりましたね。

アイライナーも乾いたときよりは時間がかかりました。

しっかりめのアイメイクは、少し落ち方が弱くなる感じがしたので、そういうメイクをしている時は乾いた状態で使うか、少し水気を拭き取ってから使ったほうがいいと思います。

その他のポイントメイクやファンデーションは、ぬれた状態でもさほど変わらない落ち方でしたので、ぬれた状態でもそれなりに使えるクレンジングだと思います。

WPのマスカラは微妙でしたが、基本的にメイク落ちが良く、使用感が比較的サッパリすることから、あまり肌の乾燥を感じてない10代、20代などの若い年代で、しっかりメイクをしている人が使いやすいと思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る