超ロングヒットのハイピッチディープクレンジングオイルを体験!

hipitchow1

ハイピッチディープクレンジングオイルは8年でシリーズ累計780万個も売れた超人気のクレンジング。なぜそんなに人気があるのか体験してみました!

●濡れた手OK ●マツエクOK ●ノンコメドテスト済み ●アレルギーテスト済み ●スティンギングテスト済み ●無添加(着色料、アルコール、パラベン)



スポンサーリンク



ハイピッチディープクレンジングオイルの概要

ハイピッチディープクレンジングオイル
ハイピッチディープクレンジングオイルは黒龍堂という会社で販売しているクレンジングです。化粧品会社にしては少しお堅い名前ですが、実はとても歴史があります。

中国東北部の黒龍江(アムール河)河畔で黒龍堂病院を経営していた日本人医師が、1907年に黒龍クリームを開発したのが始まりです。

ハイピッチシリーズは1961年に発売が開始され、ディープクレンジングオイルが発売されたのは2002年。

その2年後には濡れた手でも使えるディープクレンジングオイルが発売され現在に至ります。

オイルクレンジングでありながら、マツエク(シアノアクリレート系グルーのもの)にも使えますし、ニキビのもとになりにくいノンコメド処方になっているなど使い勝手が抜群。

アレルギーテストや、ピリピリしたりする刺激に対してもスティンギングテストというものを行っており、肌へのやさしさを考えたつくりになっています。

ハイピッチディープクレンジングオイルの使用感

ハイピッチディープクレンジングオイル
テクスチャはサラサラであまりオイルっぽくないですね。リキッドのような感じで水分が多いような印象です。

香りは控えめにふわっと香るくらいですが、オレンジのような柑橘系の爽やかな香り。

オイルの香りは天然のオレンジオイル、ユーカリオイルの香りで香料は一切使用してないということです。

さらさらなのでメイクとなじませるのも簡単で、洗った後はクレンジング剤が残ったような感じがなく、すっきりと落ちてくれます。

肌がスベスベになって、つっぱり感もなく使えました。使い勝手がすごくいいのも、人気の理由の一つになっているようです。

ハイピッチディープクレンジングオイルの成分

ハイピッチディープクレンジングオイルの成分

ミネラルオイル、パルミチン酸エチルヘキシル、ラウリン酸PEG-12、オレイン酸ポリグリセリル-2、水、デシルグルコシド、セスキオレイン酸ソルビタン、ポリソルベート85、オクチルドデカノール、オレンジ油、ユーカリ葉油、ジカプリン酸PG、トコフェロール、フェノキシエタノール

ハイピッチディープクレンジングオイルのメイク落ち

ハイピッチディープクレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

ハイピッチディープクレンジングオイルでファンデーションを落としているところ

ハイピッチディープクレンジングオイルのメイク落ちは非常に良いです。メイクにクレンジングを付けて数秒すると、なじませる前からメイクがにじんでくるのが分かります。

そして、全然力を入れなくても、軽くなじませるだけでメイクが落ちてきました。

アイライナーも簡単に落ちましたし、ウォータープルーフのマスカラも、ほとんどなじませているうちに落ちてしまいました。

今のところ、今まで使った市販のクレンジングの中では最も落ちが良かったと思います。

濡れた手の場合、乾いた状態よりはメイクと馴染むのに少し時間がかかりましたが、それでもメイクは全て落ちました。

メイク落ちが良い市販のクレンジングを探しているのであれば、ハイピッチディープクレンジングオイルを使ってみるといいでしょう。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る