麗白ハトムギクレンジングオイルはすっきりだけど意外と肌はしっとり!

rhco1

麗白ハトムギクレンジングオイルは、天然保湿成分のハトムギエキスを配合したメイク落とし。

使用感やメイク落ちについての感想をまとめています!

●500ml

スポンサーリンク



麗白ハトムギクレンジングオイルの概要

麗白ハトムギクレンジングオイル
麗白ハトムギクレンジングオイルを製造販売しているのは、熊野油脂という会社。

シャンプーやボディーソープ、スキンケア商品など、実に様々な商品を販売している会社です。

麗白ハトムギクレンジングオイルは、落ちにくいメイクや毛穴の汚れもすっきり落とすクレンジング。

天然保湿成分のハトムギエキスを配合しており、うるおいを残しながら、さっぱり洗えるというものです。

ぬれた手や顔でも使えるということで、使い勝手も良さそうですね。

どのような使用感なのか、使ってみた感想をまとめました!

麗白ハトムギクレンジングオイルの使用感

麗白ハトムギクレンジングオイル
麗白ハトムギクレンジングオイルを見た瞬間、まず「デカっ!」と思いました。

500mlなので、一般的なオイルクレンジングの通常サイズより、2倍以上の量はあると思います。

それで、1,000円以下の値段なので、コスパはかなりいいですね。

取り出してみると、オイルのようなベタつきはないですが、とろみがけっこうあります。

上から垂らすと、トロトロトロ~と落ちていきます。

香りフローラル系だと思うんですが、そんなに強くはなくさりげなく香る程度。

ハトムギクレンジングにフローラル系の香りは少し意外な感じもしましたが、だれでも使いやすい良い香りです。

使用方法には「手のひらに適量をとり」としか書いていませんが、3プッシュくらいあるとちょうど良いですね。

伸びるので2プッシュでも顔全体に行き渡りますが、そんなに厚みを感じないので、3プッシュあると安心です。

すすぎでは、多少時間をかければけっこうしっかり落ちますが、この麗白ハトムギクレンジングオイルは、メーカーは一応W洗顔を勧めています。

なので、メイクが落ちていることが前提ですが、ヌルヌルが取れてツルツルした感じになれば、そこまでしっかり洗い流さなくても大丈夫です。

あまり洗い過ぎてしまうと、洗顔したときにさっぱりし過ぎてしまうので、適度に洗い流す程度でいいと思います。

洗った直後はけっこうすっきり感があって、「さっぱり系なのかな?」と思ったんですが、少し時間が経つと意外と肌の感じとしてはややしっとりです。

しかも、肌がツルスベで使用感はいいですよ!

麗白ハトムギクレンジングオイルの成分

麗白ハトムギクレンジングオイルの成分

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、水、グリセリン、ジメチコン、クエン酸、ハトムギ種子エキス、BG、水溶性コラーゲン、ホホバ種子油、スクワラン、エチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

麗白ハトムギクレンジングオイルのメイク落ち

麗白ハトムギクレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

麗白ハトムギクレンジングオイルでファンデーションを落としているところ
麗白ハトムギクレンジングオイルのメイク落ちはとても良いです。

WPに関してはすごくなじむものと比べると少し弱い感じはしましたが、他のメイクはなでるだけでスルスルとなじんだので、さすがオイルタイプです。

ただ、ぬれた状態だと、あまりなじみがよくなかったです。

使用方法でも、落ちにくいメイクは手・顔とも乾いたで使うよう書かれていますが、WPマスカラをはじめ、アイライナー、クリームファンデ、リキッドファンデは落ちきらなくなりました。

WPマスカラは完全に乾いた状態のほうがいいと思いますが、その他のメイクは軽く水気を取るだけでもだいぶ違ったので、入浴中に落とす場合は水気を取るタオルを1枚用意しておくのがいいと思います。

ぬれた状態でももう少しメイクなじみが良くなればもっと良いクレンジングになると思いますが、その他の点では、さほど大きな不満はありません。

ナチュラルメイクのほうが使いやすいと思いますが、乾いた状態であればしっかりメイクにも対応できます。

洗い上がりはさっぱりするんですけど、意外と肌はしっとりしてツルスベですし、大容量でとても長持ちするので、お得なクレンジングですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る