ダヴオイル泡クレンジング!オイル泡ってどういう使用感なの?

doac1

ダヴオイル泡クレンジングは、ポンプタイプでプッシュすると泡が出てくる、洗顔のようなオイル泡のメイク落とし。

「オイル泡」って珍しい商品ですよね!使ってみた感想をまとめました!

●135ml

スポンサーリンク



ダヴオイル泡クレンジングの概要

ダヴオイル泡クレンジング
ダヴオイル泡クレンジングは、長持ちうるおい泡で、毛穴の奥深くのファンデーションもやさしく落とすというメイク落としです。

オイルタイプで泡というのも珍しいですね。

リニューアルしていて、長く販売されている人気商品です。

ポンプタイプだから手間いらずで使えますし、ぬれた状態でも使えるということで使い勝手も良さそうです。

どのような使用感なのか使ってみますね!

ダヴオイル泡クレンジングの使用感

ダヴオイル泡クレンジング
ダヴオイル泡クレンジングはポンプタイプだから、まず出すのがラクちんです。

適量はポンプ3押し程度で、十分な量の泡が出てきます。

泡はきめ細かくてクリーミィーですが、ゆるい感じで溶けるのも早いです。

ダブのクレンジングは、だいたいどれも香りが良くて、このオイル泡クレンジングはホワイトフローラルの香り。

柔軟剤とかボディソープなどでもよくありますが、とても良い香りです。

そんなに強い香りではないですが、逆にそういう香りが苦手だという人には向いていないと思います。

泡は普通の洗顔よりは伸びます。泡も多少残りつつ、ちょっと溶けて液体っぽくなるので、全体に広げるのも簡単です。

すすぎでは、普通の洗顔のように、けっこうしっかり落ちます。

いつまでも落ちないようなヌルヌル感のようなものは、ほとんどありません。

で、説明では「しっとり肌に」となっていますが、個人的には「さっぱり肌」なクレンジングだと感じました。

泡が溶けやすくて伸びやすいというのはあるんですが、オイルクレンジングというよりは、洗顔料に近い感覚です。

洗い上がりは「さっぱり肌」でしたが、ポンプ式だから使いやすいですし、すすぎもでもしっかり落ちてつっぱることもないので使用感は良いクレンジングです。

ダヴオイル泡クレンジングの成分

ダヴオイル泡クレンジングの成分

水、グリセリン、PEG-8、ラウリルグルコシド、ココイルグリシンK、ラウリルヒドロキシスルタイン、DPG、イソノナン酸イソノニル、ミリスチン酸イソプロピル、ラウリン酸PG、PEG-20水添ヒマシ油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ステアリン酸、アルギニン、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、炭酸Na、水酸化K、エタノール、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料

ダヴオイル泡クレンジングのメイク落ち

ダヴオイル泡クレンジングでポイントメイクを落としているところ

ダヴオイル泡クレンジングでファンデーションを落としているところ
ダヴオイル泡クレンジングのメイク落ちは、オイルタイプにしては普通かやや弱めです。

まず、WPマスカラは落ちきらなかったです。

しかも、溶けるというよりは、はがれてくる感じだったので、商品によるかもしれませんが、あまりWPマスカラには向いていない印象を受けました。

また、アイライナーは落ちたんですが、なじむのに時間が掛かったという印象です。

ただ、その他のメイクに関しては軽くなでるような感じでもスルスルなじんだので、なじむものに関しては素早くなじみました。

ぬれた状態でも使ってみましたが、渇いた状態と比べると、少しなじむのに時間が掛かります。

アイライナーは落ちきらなくなりましたし、リキッドファンデも多少残りました。

使用方法にも書いてありますが、落ちにくいメイクについては、乾いた状態で使ったほうがよさそうです。

それでも薄めのナチュラルメイクは濡れていてもそれなりに落ちたので、使い勝手はいいです。

総合すると、ナチュラルメイクの人が使いやすいですし、しっかりメイクについては乾いた状態で落とすことを想定したほうがいいと思います。

あとはプッシュタイプで素早く使えるので時短したい人、洗い上がりさっぱりの使用感を求めている人に向いています。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る