ハトムギ専科メイク落としジェルの自然な使用感がとてもいい!

hsmg1

ハトムギ専科メイク落としジェルは、ハトムギや紫根エキスをはじめ、様々なボタニカルエキスを配合した、肌をやさしくいたわるクレンジング。

使ってみたらナチュラルな使用感で、やさしいクレンジングでした!

●無香料、無着色、無鉱物油 ●140g




ハトムギ専科メイク落としジェルの概要

ハトムギ専科メイク落としジェル
ハトムギ専科メイク落としジェルは、潤いを保ち肌のキメを整える「ハトムギ種子エキス」と、肌荒れを防ぎみずみずしい肌を保つ「ムラサキ根エキス」(シコンエキス)を配合したクレンジング。

落ちにくいメイクや毛穴の汚れにもすばやくなじみ、すっきりオフするという商品です。

また、手や顔がぬれていたり、オイルフリー処方だからマツエクにも使えるなど、使い勝手も良さそうなんですよね。

このハトムギ専科のメイク落としは、ここで紹介するジェルタイプと、もう一つクレンジング洗顔があります。

ジェルタイプのほうはしっかりメイク、洗顔タイプのほうは薄めのメイクという位置づけになっています。

ちなみに、沖縄のアロエ・ヘチマ・オクラのエキスを使用しており、売上の一部は沖縄サンゴ礁の保全活動基金に役立てられている環境にもやさしい商品です。

それでは、使用感やメイク落ちについて見ていきますね!

ハトムギ専科メイク落としジェルの使用感

ハトムギ専科メイク落としジェル
ハトムギ専科メイク落としジェルは、ゆるめの白っぽいテクスチャ。

クルクルクル~っと出してみると、最初は1本1本のラインが見えているんですが、少し時間が経つとなじんでひとかたまりになります。

香りは、注意して嗅いでみると、若干何かの成分っぽいにおいはしますが、ほとんど気になりません。

ゆるいので顔に広げるのも簡単です。

で、ハトムギ専科メイク落としジェルのすばらしいところはここからです。

すすぎではけっこう素早くしっかり落ちてくれます。そして洗った後の使用感がいいです!

どちらかというとややしっとりでスベスベな感じですが、すごく自然で違和感が全然ないんですよね。

クレンジングの中には、洗い上がりがしっとりするという場合に、何となく「作られたしっとり感」のように感じるものがけっこうあるんです。

その辺は、このハトムギ専科は自然由来の成分がいいのかなぁという気はしますね。

なので、個人的には納得の使用感でした!

ハトムギ専科メイク落としジェルの成分

ハトムギ専科メイク落としジェルの成分

水、DPG、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、BG、PEG-400、カルボマー、ハトムギ種子エキス、ムラサキ根エキス、グリチルリチン酸2K、アロエベラ葉エキス、アルニカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、ボタンエキス、オクラ果実エキス、ヘチマエキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、エタノール、EDTA-4Na、水酸化Na、メチルパラベン、エチルパラベン、フェノキシエタノール

ハトムギ専科メイク落としジェルのメイク落ち

※音が出ますのでご注意下さい


ハトムギ専科メイク落としジェルでポイントメイクを落としているところ

ハトムギ専科メイク落としジェルでファンデーションを落としているところ
ハトムギ専科メイク落としジェルのメイク落ちは、一般的なジェルタイプです。

しっかり系メイクのWPマスカラやアイライナーは落ちきらなかったですが、その他のメイクは普通になじんだので、だいたい一般的なジェルタイプのなじみ方という印象を受けました。

また、手や顔がぬれていても使えるということで試してみましたが、それなりに使いやすかったです。

なじみ方は遅くなるものの、最終的には乾いた状態と同じようになじみました。

なので、メイクとしては、ナチュラルメイクの人が使いやすいと思います。

しっかりメイクも落とす場合は、リムーバーなどであらかじめ落としておいたほうがいいです。

このハトムギ専科メイク落としジェル、メイクなじみとしては一般的なジェルタイプですが、使用感が自然でやさしさも感じられてすばらしいです。

使用感やメイクなじみが、パエンナハトムギのメイク落としと似ている感じがしましたが、パエンナのほうはもう少しさっぱりに近いです。

洗い上がりの爽快さやさっぱり感を好むのであればパエンナのほうがいいと思いますが、やさしさ重視であればハトムギ専科メイク落としジェルのほうが使いやすいと思います。

ぜひ、お好みで選んでみて下さいね!
パエンナハトムギのメイク落とし体験レビュー




関連記事

運営者情報

これまでに購入したクレンジング

北海道在住のクレンジング好き一家で鈴木と申します。家族でいろいろ購入し、試したクレンジングは200種近くになりました。このサイトは自分たちの備忘録的な意味もありますが、図書館で調べものをするように、様々なクレンジングを調べることができるようにしたい!そんな意味を込めて、クレンジング図書館として運用しています。
ページ上部へ戻る