ビフェスタクレンジングミルキィリキッドは2タイプのいいとこどり!

bcml1

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドは、ミルクとリキッドを組み合わせた進化系クレンジング。

どのような使用感なのか、使ってみました!

●アルコールフリー、パラベンフリー、無香料、無着色 ●230ml

スポンサーリンク



ビフェスタクレンジングミルキィリキッドの概要

ビフェスタクレンジングミルキィリキッド
ビフェスタクレンジングミルキィリキッドは、ミルクとリキッド両方のいいとこどりをしたような商品です。

ベースはリキッドタイプですが、ミルクタイプで洗ったような肌のうるおいと、リキッドタイプのメイク落ちの良さを合わせたクレンジングになっています。

オイル成分配合で、ウォータープルーフマスカラも落とせるということで、メイク落ちもかなり良さそうなんですよね。

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドは、リニューアルもしていて、けっこう長く販売されている人気のクレンジングです。

使ってみてたら、ちょっと物足りない部分はあるものの、なかなか良いクレンジングなんですよ!

使用感やメイク落ち、ぬれた状態ではどうかなど、使ってみた感想をまとめました!

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドの使用感

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドの外観
ビフェスタクレンジングミルキィリキッドは、最初全体がラッピング(包装)されています。

まず、使うときに注意していただきたいのが、ラッピングを取るときです。

クレンジングのサイドの部分に点線が付いていて、下から上にひっぱっていくと簡単に取れるようになっています。

ただ、容器の下のほうのラッピングはペラペラで薄いんですけど、上のほうのポンプの部分あたりは、けっこうビニールが厚めでしっかり包装されています。

無理やり取ったりすると手を切る可能性もあるので注意しましょう!

で、ミルキィリキッドのテクスチャは、少し白っぽくてとろみがあります。

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドのテクスチャ

普通はリキッドというとサラッとして透明な感じなので、この辺にミルク+リキッドっぽさが出ていますね。

香りは無香料になっていて、成分的なニオイもほとんどしません。

適量は2プッシュ程度となっていて、実際それくらいで十分な量でした。

とろみがあるので厚みも感じますし、スルスルと顔全体に伸ばすことができます。

すすぎでは、比較的早くヌルヌル感が落ちて、ツルツルした感じになります。

洗い上がりは肌がスベスベで、ややしっとりして使用感はいいですよ!

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドの成分

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドの成分

水、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、BG、DPG、ミリスチン酸イソプロピル、水添ポリイソブテン、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、イソステアリン酸PG、ラウリン酸PEG-12、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、(アクリル酸アルキル/メタクリル酸ステアレス-20)コポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、フルオロケイ酸(Na/Mg)、キサンタンガム、TEA

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドのメイク落ち

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドでポイントメイクを落としているところ

ビフェスタクレンジングミルキィリキッドでファンデーションを落としているところ
ビフェスタクレンジングミルキィリキッドのメイク落ちは、リキッドタイプにしてはとてもいいです。

WPのマスカラやアイライナーなどのしっかりメイクはじわじわですが、その他はスルスル。

からめとるような感じでなじんでいきます。

また、手や顔がぬれていても使えるということですが、ぬれた状態だと、しっかりメイクに対してはなじみ方があまり良くなかったです。

WPマスカラ、アイライナー、クリームファンデは落ちきらなくなり、リキッドファンデはかろうじて落ちた感じでした。

しっかりメイクは、乾いた状態か、少し水気を切ったほうがいいですね。

もう少しぬれた状態でもなじみがいいともっといいですが、基本的にリキッドタイプにしてはメイク落ちがよく、良いクレンジングです。

普通のリキッドタイプだと、サラッとしていてさっぱりな使用感が多いと思いますが、ビフェスタクレンジングミルキィリキッドはリキッドのメイク落ちの良さと、ミルクのやさしさを持ち合わせています。

しっかりメイクをやさしく落としたい人におすすめですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る