ナイーブボタニカルクレンジングリキッド!こだわりオリーブの使用感!

nbcl1

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドは、厳選したオリーブを使ったナイーブのボタニカルシリーズ。

潤いを奪わずさらっと落とすというクレンジングですが、どのような感じなのか使ってみました!

●パラベンフリー、動物由来原料フリー、サルフェートフリー、着色料フリー、合成香料フリー、アルコール(エタノール)フリー ●230ml

スポンサーリンク



ナイーブボタニカルクレンジングリキッドの概要

ナイーブボタニカルクレンジングリキッド
最近、クレンジングに限らず「ボタニカル」が流行っていますね。

botanical(ボタニカル)とは、「植物の」という意味。

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドも、厳選した小豆島産オリーブを使用し、動物由来原料フリーのクレンジングです。

ナイーブのボタニカルクレンジングシリーズは、他にオイル、ジェル、バームも出ています。

その中でリキッドタイプは、潤いを奪わず、オイルフリーでさらっと落とすというもの。

マツエクOK、ぬれた手OK、W洗顔不要なので、使い勝手も良さそうです。

こだわりオリーブを使った使用感はどうなのか、使ってみた感想をまとめました!

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドの使用感

ナイーブボタニカルクレンジングリキッド
ナイーブボタニカルクレンジングリキッドのテクスチャは、多少とろみがあります。

ただ、オイルのような粘り気のようなものはなく、とろみはあってもあっさりしています。

香りはオリーブフォレストの香りということで、そんなに強くはなくフワッと香る感じではありますが、アロマっぽい癒される香りです。

伸びがいいので、摩擦を感じることなくスルスルと広がります。

いちおう適量は4プッシュ程度となっていますが、2~3プッシュでも少ない感じはしません。

2プッシュくらいから始めて、たりなかったら足していったほうが使いやすいと思います。

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドのいいところは、すすぎでヌルヌル感が残らないこと。

けっこう早くクレンジング剤がしっかり落ちてくれるので、あまりダラダラとすすぎをする必要がありません。

そして、落ちた後はどちらかというとさっぱりめで、肌がツルスベになった感じ。

確かにクレンジングのうたい文句通り、潤いが奪われている感じはせず、つっぱるようなこともありませんでした。

使いやすくて、使用感もいいクレンジングです。

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドの成分

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドの成分

水、DPG、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、BG、メチルグルセス-20、ステアリン酸PEG-45、オリーブ葉エキス、クエン酸Na、クエン酸、香料

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドのメイク落ち

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドでポイントメイクを落としているところ

ナイーブボタニカルクレンジングリキッドでファンデーションを落としているところ
ナイーブボタニカルクレンジングリキッドのメイク落ちは、ほぼ一般的なリキッドタイプです。

WPのマスカラはほとんど落ちませんでしたが、これは想定内。

というのも、ナイーブボタニカルクレンジングオイルのほうには、WPもしっかり落とすと書かれているので、リキッドのほうは対応していないんだと思っていました。

また、アイライナーが多少薄くはなったんですが、落ちきるまではいきませんでした。

ここは落ちる落ちないありそうですが、落ちが良いリキッドタイプだとアイライナーがスルッといくので、ナイーブボタニカルリキッドは一般的なメイク落ちな感じです。

ただ、その他のアイシャドウやリップ、ファンデーションなどに関しては、スルスルとなじみました。

ぬれた手OKということですが、思いっきりぬれた状態だと、ちょっとメイク落ちが物足りなくなります。

乾いた状態ではスルスルとなじんでいたクリームやリキッドファンデのなじみ方が悪くなり、落ちきらなくなりました。

これはクレンジングの使用方法にも書かれていますが、手や顔が非常にぬれている時は、軽く水気を切って使うようにしたほうがいいです。

なので、総合的には、落ちにくいメイクには弱いのと、かなりぬれた状態だと、落ちがあまりよくない印象でした。

ナイーブボタニカルクレンジングリキッド1本で落とそうとするのであれば、しっかりメイクをしていないナチュラルメイクがいいと思います。

また、ぬれた状態で使うのであれば、少し水を切って使ったほうがいいでしょう。

すすぎですっきり落ちたり、ツルスベの使用感はすごくいいので、ボタニカル成分でナチュラルメイク向けのクレンジングを探している人におすすめです!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る