ロゼットライスリリースクレンジングリキッドのメイク落ちと使用感!

rrrl1

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドは、メイクをしっかり落としながら、必要なうるおいを逃がさないクレンジング。

使ってみた率直な感想をまとめた体験レビューです。

●無香料、無着色 ●200ml

スポンサーリンク



ロゼットライスリリースクレンジングリキッドの概要

ロゼットライスリリースクレンジングリキッド
ロゼットライスリリースクレンジングリキッドは、ライス由来成分(うるおい)成分で肌のうるおいを逃がさず、毛穴の奥のメイクも浮かせて落とすクレンジング。

同シリーズでオイルタイプとリキッドタイプが発売されていて、オイルはWPにも対応、リキッドは、マツエクOKということになっています。

メイク落ちとしては、オイルのほうが良さそうですね。

また、両クレンジングとも、ぬれた手や顔、お風呂でも使えるということで、使い勝手も良さそうです。

ただ、注意したいのは、パッケージがほとんど同じであること。

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドとクレンジングオイル

もちろん、オイル、リキッドとしっかり書かれてはいますが、正面から見ると文字以外の部分では違いは色だけです。

値段も同じなので、急いでパッと手に取るときは間違うかもしれないので、注意して下さいね!

ここでは、ライスリリースクレンジングリキッドのほうの使用感をまとめています。

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドの使用感

ロゼットライスリリースクレンジングリキッド
ロゼットライスリリースクレンジングリキッドは、とろみがあって液体ジェルにも近いような感じ。

てっきりサラッとしたテクスチャだと思っていたので意外でした。

むしろライスリリースのオイルタイプのほうが、もう少しサラッとしていると思います。

香りはほぼしません。

とろみがあるので、顔に広げたときに厚みがあり、摩擦はほとんど感じません。

とろみのある液体がクッションになっているような感じです。

すすぎでも、あまりダラダラと残ってるような感じではなく、比較的サッと落ちます。

すすいでいる間はツルツルする感じは続くんですが、クレンジングのヌルヌル感とは別物で、クレンジングが落ちたっていうのがだいたい分かります。

そういう意味ではとても使いやすいクレンジングです。

また、使い終わったあとはスッキリするんですけど、しっとり感があり、この辺はライス仕立てのうるおい成分の影響が出ていそうです。

やさしく洗えて、使った後の使用感もいいですよ!

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドの成分

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドの成分

DPG、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、グリセリン、コメヌカエキス、コメ発酵液、加水分解コメエキス、BG、セテス-40、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドのメイク落ち

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドでポイントメイクを落としているところ

ロゼットライスリリースクレンジングリキッドでファンデーションを落としているところ
ロゼットライスリリースクレンジングリキッドのメイク落ちは、一般的なリキッドタイプ。

WPのマスカラやアイライナーは落ちませんでしたが、その他のメイクはそれなりになじみも良かったです。

もう少ししっかりメイクに対するメイク落ちが良いイメージを持っていたので、そういう意味では少し残念です。

また、ぬれた状態でもOKということで使ってみましたが、こちらもしっかりメイクに対しては少し残念。

クリームやリキッドファンデのなじみが悪くなり、落ちきらなくなってしまいました。

あまりにも期待が大きすぎたため、少し物足りなさを感じてしまいましたが、クレンジングリキッドとしての使用感やメイク落ちは悪くありません。

ただ、WPマスカラや、落ちにくいしっかりメイクをしている場合は、ライスリリースのオイルタイプを使ったほうがいいですね。

ライスリリースクレンジングリキッドの場合は、薄め~ナチュラルメイクくらいだと、ぬれた状態でも落としやすく、使いやすいクレンジングになると思います。

すすぎでの落ち方も素早いし、やさしい洗い上がりなので、ナチュラルメイクをやさしく落としたい人におすすめですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る