ちふれクレンジングオイル!歴史ある化粧品メーカーの実力は?

chco1

ちふれクレンジングオイルは落ちにくいメイクにも素早くなじむというクレンジング。

口コミを見ても評判もなかなか良さそうだし、値段も安くドラッグストアなどで気軽に買えるのもいいんですよね。

実際に購入して使ってみました!

●無香料、無着色、ノンアルコール ●220ml



スポンサーリンク



ちふれクレンジングオイルの概要

ちふれクレンジングオイル
ちふれクレンジングオイルはハードなメイクを一気に落とす、ぬれた手でも使えるクレンジングです。

口コミサイトでのちふれのクレンジングに関する口コミ件数は、ちふれウォッシャブルコールドクリームが断トツに多いですが、その次はこのちふれクレンジングオイル。

評判もいいし、ちふれのクレンジングの中でも、かなり人気になっているようです。

口コミでは、ある程度メイク落ちが良く、使用感はさっぱりめで、値段が安いわりには使えるクレンジングだと感じている人が多いようです。

何度もリピートしている人もけっこう多いですよ!

それほど利用される秘密はなんなのか、使って確かめてみたいと思います。

ちふれクレンジングオイルの使用感

ちふれクレンジングオイル
ちふれクレンジングオイルのテクスチャは、ほんの少しとろみがあります。

軽めのとろみなので、すぐに垂れてはきますね。

とろみが軽めな分、顔にひろげるときも、クレンジングの液にあまり厚みを感じないので、量は多め使ったほうがいいと思います。

適量はポンプ2~3回となっていて、3回押しくらいで十分な量でした。

安いのに容量たっぷりなので、コスパがよくあまり量を気にせず使えるのはいいですね。

すすいでみると手に付いていたクレンジング液はサッと落ちます。

顔はスベスベした感じが残りますが、クレンジング液自体の落ちは早いです。

洗い上がりはしっとりというよりは、どちらかというとスッキリサッパリですね。

口コミの中には乾燥するという方もいますが、私は特につっぱることもないですし問題なく使えています。

小鼻などのザラザラもなめらかになり、スベスベな感じになるのも良かったです。

さっぱり感はあるのでかなり乾燥肌が気になっている人は合わないかもしれませんが、全体的な使用感としてはいいクレンジングだと思います。

ちふれクレンジングオイルの成分

ちふれクレンジングオイルの成分

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、トコフェロール、水

ちふれクレンジングオイルのメイク落ち

ちふれクレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

ちふれクレンジングオイルでファンデーションを落としているところ
ちふれクレンジングオイルのメイク落ちはかなりいいですね。

WPのマスカラはじわじわと1分くらいかけて溶けるように落ちていく感じでしたが、他のメイクはほぼスルスルとなじみました。

アイライナーもスルスルっとすぐなじむ感じだったので、なかなかのメイク落ちだと思います。

使用感のところでも書きましたがすすぐときはサッと落ちるので、メイクはほぼ完全に落としたきった状態にしてからすすいだほうがいいでしょう。

でないとクレンジング液だけ、先に落ちてしまいますから。

また、ぬれた手でも使えるということですが、おもいっきりぬれた状態だとしっかりメイクの落ちは悪くなりました。

WPのマスカラやアイライナー、クリームファンデやリキッドファンデが完全には落ちきらなくなったので、少なくともしっかりメイクの部分については、乾いた状態で落としたほうがいいと思います。

このへんはちふれクレンジングオイルの容器にも、「落ちにくいメイクをしっかりと落としたいときには、乾いた手でお使いください。」と書かれています。

これで、ぬれた手でもあまり変わらない落ち方であれば、かなり良いクレンジングになると思うので、少し残念ではあります。

ただ、総合的にはメイク落ちはいいですし使用感も良く、いい意味で可もなく不可もなく、クレンジングオイルのスタンダード的な商品です。

この値段で、このメイク落ちや使用感であれば、納得できる人が多いと思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る