専科パーフェクトウォータリーオイルの洗浄力とぬれた状態の落ち方!

spwo1

専科パーフェクトウォータリーオイルは、高い洗浄力と肌へのやさしさを両立したクレンジング。

お風呂でも使えるということで、ぬれた手でも使ってみました!

※こちらの商品はリニューアルして、専科オールクリアオイルという商品が出ています。

CHECK専科オールクリアオイルを体験!CMの「うるサラ~」は本当か使ってみた!

●無着色 ●ぬれた手OK ●アレルギーテスト済み ●230ml

スポンサーリンク



専科パーフェクトウォータリーオイルの概要

専科パーフェクトウォータリーオイル
専科パーフェクトウォータリーオイルは、毛穴の奥のメークや皮脂汚れを溶かし出してスルンと落とすクレンジングです。

ウォータープルーフのマスカラも落ちる仕様なので、落ちにくいメイクにも対応しています。

また、ぬれた手でも使えるということで、使い勝手も良さそうです。

ただ、以前、専科シリーズのリキッドタイプを使ったときに、いい香りなんですけど、少し強めな感じがしたんですよね。

オイルタイプではどうなのか、その辺も確認したいと思います。

メイク落ちについても、ぬれた状態でどれくらい落ちるのかチェックしてみました!

専科パーフェクトウォータリーオイルの使用感

専科パーフェクトウォータリーオイル
専科パーフェクトウォータリーオイルは、サラッとしていて少しとろみのあるテクスチャ。

軽めで、顔にのせるとすぐに流れ落ちてきます。

専科シリーズは、やさしく香るみずみずしいフローラルの香りで、とても良い香り。

ただ、以前、専科パーフェクトリキッドを使ったときに、少し香りがキツイ感じがしたんですよね。

強めの柔軟剤のような香りなので、苦手な人もいそうだと思っていました。

パーフェクトウォータリーオイルの率直な感想としては、香りはそんなに気になりません!

もしかして、「ただ香りに慣れただけなのでは?」と思ったので、リキッドタイプと嗅ぎ比べてみましたが、やはりオイルタイプのほうはそこまで強い香りではなかったです。

これなら、好き嫌いなく、誰でも使いやすいと思います。

適量は4プッシュ程度となっていますが、4プッシュ一気に出すと手の平からこぼれ落ちそうになるので、2プッシュで1回なじませ、次の2プッシュでまたなじませたほうが使いやすいと思います。

テクスチャが軽いので、なじませるのもスムーズ。すすぎでは、ヌルつきは多少ありますが、意外とサッと落ちます。

肌はスベスベでややしっとり感があり、やさしく洗えている感じはしますね。

アレルギーテスト済みでもあるので、肌質も問わず使いやすいと思います。

専科パーフェクトウォータリーオイルの成分

専科パーフェクトウォータリーオイル

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、シクロメチコン、イソステアリン酸、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、ヒアルロン酸Na、加水分解シルク、水、エタノール、BHT、トコフェロール、クエン酸、ソルビン酸K、香料

専科パーフェクトウォータリーオイルのメイク落ち

専科パーフェクトウォータリーオイルでポイントメイクを落としているところ

専科パーフェクトウォータリーオイルでファンデーションを落としているところ
専科パーフェクトウォータリーオイルのメイク落ちは基本的にいいです。

ウォータープルーフのマスカラは、なじむのに少し時間がかかりましたが、最終的には落ちました。

アイシャドウ、アイライナー、リップなどのポイントメイクや、ファンデーションはスルッという感じで落ちました。

また、ぬれていても使えるということで試してみましたが、おもいっきりぬれた状態だと落ちが悪くなります。

WPのマスカラ、アイライナー、クリームファンデはほとんど残りましたし、リップやリキッドファンデも1割くらいは残りました。

使用方法にも、「手や顔が非常にぬれているときは、軽く水気をきってからお使いください」と書かれていますが、やはり限度はありますね。

少し湿っている程度なら大丈夫だと思いますが、お風呂に入って、手や顔がぬれた状態だと、しっかりメイクは厳しいと思います。

入浴中に使うのであれば、最初に落としてしまうか、タオルを用意して、使うときに水気を拭き取ったほうが良さそうです。

このように、ぬれた状態では少し物足りなさはありますが、基本的にメイク落ちはいいですし、使用感も特に気になる点はありません。

しっかりメイクの人でも十分使えますし、専科シリーズが好きな人は使ってみて損はないと思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る