専科オールクリアオイルを体験!CMの「うるサラ~」は本当か使ってみた!

saco1

専科パーフェクトウォータリーオイルがリニューアルして、専科オールクリアオイルが登場!

IKKOさんのインパクトのあるCMを見て、気になったので使ってみました!

●無着色 ●ぬれた手OK ●マツエクOK ●アレルギーテスト済み ●230ml

スポンサーリンク



専科オールクリアオイルの概要

専科オールクリアオイル
以前は専科パーフェクトウォータリーオイルという名前でしたが、リニューアルして専科オールクリアオイルになりました。

IKKOさんの「うるサラ~」というCMも、かなりインパクトがありますよね!

何が変わったのかというと、以前は「毛穴の奥のメークや皮脂汚れを溶かし出してスルンと落とす」でした。

それが、「メイク汚れだけでなく、知らないうちに蓄積されたくすみリスク(黒ずみ・老廃物など)を一掃・浄化」というふうになりました。

そういうくすみリスクに対してもアプローチできるようになったということが大きいようです。

また、前はクレンジングの容器に記載されていませんでしたが、マツエクOK(シアノアクリレート系グルー)というのも、しっかり明記されています。

専科オールクリアオイルがどのような使い心地なのか、正直な感想を書きますね!

専科オールクリアオイルの使用感

専科オールクリアオイル
専科オールクリアオイルのテクスチャは、少しとろみがあるものの、どちらかというとさらっとしています。

好みが分かれそうなのが香り。

やさしく香るみずみずしいフローラルの香りということで、香り自体はすごく良い香りです。

ただ、ちょっと香りが強めなので、洗剤とか柔軟剤の良い香りを長く嗅いでいると気分が悪くなるという人は、気を付けたほうがいいと思います。

逆にそういう香りが好きな人は癒されるでしょう。

伸びはいいんですが、さらっとしているので、少量だと軽くて物足りない気がします。

適量はポンプ4押し程度ということで、実際それくらい使ったほうがちょうどいい感じです。

すすぐとすべすべする感じが続きますが、拭き取ってみるとちょうど良いしっとり感。

それでいて、肌はスベスベでモチモチな感じです。

「うるサラ~」という表現が、なかなか的を得ている感じで、使用感はとてもいいですよ!

専科オールクリアオイルの成分

専科オールクリアオイルの成分

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、イソドデカン、ラウリン酸PG、PPG-17、ジメチコン、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、コメ胚芽油、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、水、BHT、トコフェロール、エタノール、クエン酸、
ソルビン酸K、香料

専科オールクリアオイルのメイク落ち

専科オールクリアオイルでポイントメイクを落としているところ

専科オールクリアオイルでファンデーションを落としているところ
専科オールクリアオイルのメイク落ちは、とてもいいです。

WPのマスカラはじわじわとなじみ、少し時間はかかりましたが、他のメイクはなじみ方が良く、スルスルといきました。

アイライナーもなじみ方がすごく良かったので、メイク落ちがいいなぁと感じました。

ただ、すごくぬれた状態だとメイク落ちがあまり良くなかったです。

※使用法にも、手や顔が非常にぬれているときは、軽く水気をきってからお使い下さいという記載あり

WPのマスカラやアイライナー、クリームファンデなどは、落ちきらなくなりました。

入浴中などに使うときは、タオルを絞って、軽くポンポンと手や顔の水気を拭き取ったほうがいいです。

なので、入浴中に体などを洗ってそのままメイクを落とすようなイメージをしている人には向いていません。

あと、フローラル系の香りが苦手な人も厳しいと思います。

逆に、乾いた状態や、ぬれていても水気を取るのが面倒じゃないという人。

また、フローラル系の香りが好きだったり、全く苦手意識がない人には、しっかりメイクを落とすのに活躍してくれますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る