ミュオクレンジングリキッド!こだわりの無添加シリーズを体験!

mucl1

ミュオクレンジングリキッドは、ナイーブなどのシリーズを販売してるクラシエのクレンジング。

肌にやさしい人向けの無添加にこだわったミュオを使ってみました!

●無添加成分:着色料、合成香料、防腐剤、品質安定剤、鉱物油、シリコン、アルコール(エタノール) ●170ml

スポンサーリンク



ミュオクレンジングリキッドの概要

ミュオクレンジングリキッド
ミュオはナイーブでおなじみのクラシエが販売しています。

そもそものコンセプトは、肌への負担に配慮して無添加にこだわりつつ、さらに潤いをプラスできないかと作られています。

そして、ミュオクレンジングリキッドは、とろみのあるテクスチャがメイクに密着し、うるおいを守りながらメイクを落とすというものです。

ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビ肌の人でも使いやすく、マツエクOK、ぬれた手OK、W洗顔不要と、使い勝手もよくなっています。

実際にどのような使用感なのか使ってみましたよ!

ミュオクレンジングリキッドの使用感

ミュオクレンジングリキッド
ミュオクレンジングリキッドのテクスチャは、少しとろみはありますが、一般的なリキッドタイプです。

上から垂らすと、トロトロトロ~っていう感じで流れ落ちます。

香りは天然アロマのやさしい香りということで、ラベンダーに近い香りがします。

適量は4プッシュ程度ということになっていて、確かにそれくらいがちょうど良いです。

伸びがいいので3プッシュくらいでも大丈夫ですが、4プッシュだとたっぷり感があって安心できます。

逆に2プッシュだとちょっと少ないですね。

ミュオクレンジングリキッドの真骨頂は、すすぎで分かります。

多くのクレンジングはヌルヌルしたような感じが続いたり、落ちるのに時間が掛かったりしますが、ミュオの場合は、落ちるのがはやく、けっこうしっかり落ちます。

そして、肌がスベスベした感じになり、乾燥するということもなかったです。

しっとりとまではいきませんでしたが、ごく自然な洗い上がりで使用感はすごくいいですよ!

ミュオクレンジングリキッドの成分

ミュオクレンジングリキッドの成分

水、DPG、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、BG、メチルグルセス-20、ステアリン酸PEG-45、酒粕エキス、コメヌカエキス、ラベンダー油、オレンジ油、ベルガモット果実油、クエン酸Na、クエン酸

ミュオクレンジングリキッドのメイク落ち

ミュオクレンジングリキッドでポイントメイクを落としているところ

ミュオクレンジングリキッドでファンデーションを落としているところ
ミュオクレンジングリキッドのメイク落ちは、一般的なリキッドタイプの落ち方です。

WPのマスカラはほとんど落ちなかったですし、アイライナーは多少は薄くなりましたが、落ちきりませんでした。

それ以外のメイクとはなじみがよく、だいたいスルスルと落ちた感じです。

また、手や顔がぬれていても使えるということで試してみましたが、普通にぬれた状態だとメイク落ちはあまり良くなかったです。

クリームファンデが落ちきらなくなったり、リキッドファンデやリップも微妙でした。

入浴してぬれたような状態だと、パウダーファンデやアイシャドウなどの落ちやすいメイクじゃないと厳しい印象です。

※使用方法にも「手や顔が非常にぬれている時は、軽く水気を切って使うことをおすすめします」という記載があります

ミュオはオイルタイプも出ているので、しっかりメイクの場合はそちらを使ったほうが良さそうです。

ぬれた状態でのメイク落ちがもう少し良ければ、もっと使いやすいクレンジングだと思います。

ただ、サッと落ちて洗い上がりが自然な使用感がすごくいいです。

ナチュラルメイクで、乾燥やニキビ肌で肌にやさしいクレンジングを探している人は使いやすいと思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る