無印良品のマイルドオイルクレンジングでメイクを落としてみた!

mujimoc1

無印良品マイルドオイルクレンジングは口コミサイトでもけっこう評判がいいんですよね。

何回もリピしている人も多い人気のマイルドオイルクレンジングでメイクを落としてみました!

・W洗顔不要 ・濡れた手OK ・4つの無添加(着色料、香料、鉱物油、アルコール)
・400ml(大容量)、200ml、50ml(携帯用)



スポンサーリンク



無印良品マイルドオイルクレンジングの概要

無印良品マイルドオイルクレンジング
無印良品のマイルドオイルクレンジングは、無印のクレンジングの中でも、ジェルとともに人気があります。

人気の理由はメイク落ちの良さと、使った後もつっぱらない使用感の良さにあるようです。

オリーブオイル・ホホバオイル配合で、ポイントメイクにも素早くなじみしっかり落とすというクレンジング。

どのくらいメイク落ちが良いのか確かめてみますね!

私が購入したのは、携帯用の50mlサイズ。

お試しで使ってみたいというなら、私のように50mlサイズを購入するのがいいと思います。

「いやいや、50mlでも自分のイメージと違ったらムダになっちゃうし」というのであれば、オイルクレンジングと保湿洗顔が1回分になった以下のようなフォームセットというのがあるので、そちらを利用するといいでしょう。

マイルドオイルクレンジング・マイルド保湿洗顔フォームセット

無印良品マイルドオイルクレンジングの使用感

無印良品マイルドオイルクレンジング
まず、マイルドオイルクレンジングのテクスチャですが、かなりサラッとしています。

水と比べると、ほんの少しだけとろみがありますが、顔にのせたらサーっと流れ落ちるくるような感じです。

なので、あらかじめ手でなじませておいたほうが使いやすいと思います。

マイルドオイルクレンジングはコスパがいいので、大胆に使えるところはポイントが高いです。

香りはオイルのニオイなのか、独特なニオイ。正直、良い香りとは思いません。

私はニオイに対して敏感なほうではないので、特に気になりませんが、口コミの中にはニオイが気になるという人が数人いらっしゃいました。

なので、ニオイに敏感で好き嫌いがはっきり分かれるという人は、オイルクレンジングと保湿洗顔1回分のフォームセットを試しに使ってみたほうがいいでしょう。

メイクと馴染ませるときは、スルスルと滑らかに伸びるので使いやすいです。

すすいでいる時はヌルヌルした感じはありますが、オリーブオイルやホホバオイルが配合されているためでしょう。

非常にやさしく洗えている感じがします。

洗い上がりは、しっとりという感じではないですが、つっぱることなく洗うことができました。

自然な感じに仕上がるので肌質に関係なく使えると思いますが、敏感肌の人はオイルクレンジングの敏感肌用というのがあるので、そちらを検討してみるのがいいと思います。

無印良品マイルドオイルクレンジングの成分

無印良品マイルドオイルクレンジングの成分

水添ポリイソブテン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オレイン酸エチル、オレイン酸ソルビタン、オリーブ果実油、ホホバ種子油、ハイブリッドヒマワリ油、DPG、オレンジ花水、水、BG、トコフェロール、モモ葉エキス、アンズ果汁、グリセリン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無印良品マイルドオイルクレンジングのメイク落ち

無印良品マイルドオイルクレンジングでポイントメイクを落としているところ

無印良品マイルドオイルクレンジングでファンデーションを落としているところ

無印良品のマイルドオイルクレンジングはとにかくメイクなじみがいい!

アイシャドウ、アイライナー、リップはなじませているうちにスルスルと落ちました。

WPのマスカラも10秒~20秒くらいと多少時間はかかりましたが、それでもなじませているうちにほとんど落ちてしまいました。

ファンデーションも全タイプ、スルスルっていう感じ。

私が今まで使った市販のクレンジングの中でもトップクラスのメイク落ちですね。

スルスルとメイクが落ちていくのは感動的です!

無印良品のマイルドオイルクレンジングは一応、ぬれた肌にも使えることになっていますが、しっかりメイクを落としたいときは水気のない状態で使うよう注意書きにも書かれています。

とはいえ、しっかりメイクをしているのであれば、使ってみて損はないクレンジングだと思います。

コスパもいいですし、何度もリピートしている人が多いというのもうなずける商品でした。

「友達にメイク落ちのいいクレンジング教えて」と言われたら、迷わず候補にあがる商品ですが、ニオイに好き嫌いがあるので、不安な人はまず携帯用(50ml)かオイルクレンジングと保湿洗顔の1回使い切りのフォームセットを使ってみるのがおすすめです。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る