熊野油脂無添加クレンジングオイル!老舗が作る納得のメイク落とし!

kmco1

熊野油脂無添加クレンジングオイルは老舗の会社、熊野油脂が製造販売しているクレンジング。

ネット通販でも人気になっているクレンジングなので、使ってみました!

●ぬれた手OK ●防腐剤、着色料、合成香料不使用 ●165ml、500ml

スポンサーリンク



熊野油脂無添加クレンジングオイルの概要

熊野油脂無添加クレンジングオイル
熊野油脂無添加クレンジングオイルは、化粧品や医薬部外品製造で有名な熊野油脂のメイク落とし。

昭和27年に設立された老舗なので、そもそも安心感があります。

無添加クレンジングオイルは防腐剤、着色料、合成香料で、落ちにくいメイクや毛穴の汚れもしっかり落とせるというものです。

ぬれた手や顔でも使えるので、使いやすそう!

口コミをみても比較的評価が高く、メイクはしっかり落ちるし、つっぱったり乾燥しないという意見が多いです。

ただ、「洗顔料の使用をおすすめします」と書かれているので、W洗顔はしたほうがよさそう。

それでは、使用感やメイク落ちをチェックしてみましょう!

熊野油脂無添加クレンジングオイルの使用感

熊野油脂無添加クレンジングオイル
熊野油脂無添加クレンジングオイルを取り出してみると、滑らかで多少とろみがあります。

香りは合成香料ではなく、天然のエッセンシャルオイルを使用していて、ほのかにレモンのような香り。

いい香りだけど、果物そのものというよりは、ちょっと人工的な香りに感じました。

トロッとした感じなので、顔全体にも、スルスルっと滑らかに広げることができます。

すすぐときは、けっこうヌルヌルした感じが残りますが、特にベタついたりということはありません。

つっぱったりすることもなく、さっぱり洗うことができました。

それに、無添加クレンジングオイルは、使用したあとの洗顔をすすめているので、多少ヌルヌルしていても、洗顔すれば全く気になりません。

試しに、クレンジングしたあとに、洗顔をしなくても特に問題はありませんでしたが、メーカーは洗顔をすすめているので、W洗顔はしたほうがいいと思います。

熊野油脂無添加クレンジングオイルの成分

熊野油脂無添加クレンジングオイルの成分

ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、グリセリン、水、ジメチコン、クエン酸、ホホバ油、スクワラン、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラベンダー油、ゼラニウム油、EDTA-4Na、変性アルコール

熊野油脂無添加クレンジングオイルのメイク落ち

熊野油脂無添加クレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

熊野油脂無添加クレンジングオイルでファンデーションを落としているところ

熊野油脂無添加クレンジングオイルでメイクを落としてみると、最終的に全部落ちました。

さすがオイルタイプは落ちがいいです。

アイシャドウ、アイライナー、リップはなじませるとスルスル落ちますし、WPのマスカラもほとんど落ちてしまう感じです。

ファンデーションもなんの問題もなく、なじませているうちに落ちてしまいました。

ただ、ウォータープルーフに関しては、本当にスルスルと落ちたものと比べると、少し時間がかかりました。

5段階評価でいくと、限りなく5に近い4.8くらいのイメージ。それでもしっかりメイクをしていても十分対応できるクレンジングです。

熊野油脂無添加クレンジングオイルは使用感にしても、メイク落ちにしてもバランスのとれた良いクレンジングだと思います。

ただ、贅沢な意見かもしれませんが、優等生だけど秀でているような特徴がないような気もしますね。

メイク落ちもいいし使用感も悪くないので、使ってみて損はないクレンジングだと思いますが、肌との相性もあるので、気になったらとりあえず165mlの小さいサイズから始めてみるといいでしょう。

値段が安いのでコスパはとてもいいですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る