無印クレンジングシートのメイク落ちは?口コミの真相に迫る!

mujics1

無印のクレンジングシートはとってもリーズナブル!これでメイク落ちや使用感もよければ申し分ないです。実際のところどうなのか使ってみました!


スポンサーリンク



無印クレンジングシートの概要

無印クレンジングシート
無印のクレンジングシートは、「メイクや皮脂を手軽にすっきり落とします。旅行やスポーツ等の外出時に便利。」と書かれています。

基本的に無印のクレンジングは評判も良くて、使っていて安心感があります。

ただ、クレンジングシートに関しては、なかなか厳しい評価が多いんです。実際のところどうなのか、使ってみたいと思います。

また、私の地域では、デパートの中に入っている無印にはシートは置いていなくて、ファミマに行ったときに購入しました。

こういう持ち運びのシートタイプなどはコンビニのほうが手に入れやすいかもしませんね。

無印クレンジングシートの使用感

無印クレンジングシート
今まで何種類かのクレンジングシートを使ったことがありますが、他のものと比べると無印のシートは水分がちょっと少ない感じです。

軽く押してみても、ジュワっと液がシミ出てくるというのはないですね。

ただ全体に染みているので、拭き取るのに支障があるほど少ないというわけではありません。

香りは無香料だとは思うんですが、アルコールのような成分のニオイはします。

私はさほど気になりませんが、アルコール臭が少しキツイと感じている方もいるようなので、アルコール臭が絶対的に苦手な人は他のシートを検討したほうがいいかもしれません。

シートの大きさは、袋にはサイズ:150mm×200mmと書かれているんですが、測ってみると170mm×200mmくらいあります。

これくらいの大きさであれば使いやすいですし、1回のメイク落としで2枚、3枚と使う必要もないでしょう。(シートのメイク落ちにもよりますが)

拭いた感触としては、少しシートの目が粗い感じはしますね。

口コミでは、「シートの水分が少ないし、ゴワゴワしていて摩擦を感じる」というのがいくつかありましたが、確かにゴワゴワした感じはありますが、そんなに摩擦は感じませんでした。

ただ、しっかりメイクだと何回かこすらないと落ちないので、こすっているうちに刺激は感じるかもしれません。

メイク落ちのところでしっかり見ますが、基本的にしっかりメイクを想定したシートではないと思うので、薄めのナチュラルメイクであれば、特に不都合は感じないと思います。

無印クレンジングシートの成分

無印クレンジングシートの成分

水、エタノール、BG、PG、メチルパラベン、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、ジメチコン、モモ葉エキス、ラウレス-2、ラウレス-21

無印クレンジングシートのメイク落ち

無印クレンジングシートのメイク落ちでポイントメイクを落としているところ

無印クレンジングシートのメイク落ちでファンデーションを落としているところ

無印のクレンジングシートでポイントメイクを一拭きしてみると、アイシャドウとリップは落ちましたが、アイライナーやWPのマスカラはほとんど落ちませんでした。

数回拭いても、アイライナーとWPのマスカラは1~2割程度落ちるくらいで、ほとんど残りましたね。

ファンデーションのほうは、意外と一拭きで全タイプほとんど落ちました。ファンデーションは特に問題なく落とせそうです。

以上のことから、無印のクレンジングシートはしっかりメイクには向いていません。とくに、アイライナーやマスカラには、あまり期待できないと思います。

そもそも「メイクや皮脂を手軽にすっきり落とす」とだけ書かれているので、どの程度のメイクを落とせるのか分かりません。

無印のクレンジングはジェルやオイルにしてもかなり落ちがいいので、そこに期待してシートもすごく落ちるようなイメージで買ってしまうのではないでしょうか。

そう思って実際に使ってみると、「あれっ?」となってしまうので、口コミも厳しいものになってしまっているような気がします。

「アイメイク系はリムーバーをお使い下さい」とか「しっかりメイクには対応していません」みたいな注意書きが書かれていれば、もう少し納得して使う人が増えると思うんですけど・・・

シートに多少のゴワゴワ感があるのと目が粗いこと、水分が少なめなことから、敏感肌だったり肌が弱めの人よりは、普通~脂性肌の人でナチュラルメイクなどの薄めのメイクをしている人に合っている感じです。

最初からそういうつもりで購入すれば、値段も安いですし、かなり使えるクレンジングシートだと思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る