無印マイルドミルククレンジングの使用感やメイク落ちをチェック!

mujimmc1

無印のクレンジングの中でも、少しマイナーなイメージなのがマイルドミルククレンジング。

でも一度は使ってみたいと思っていたので、思い切って購入しました!

・W洗顔不要 ・4つの無添加(着色料、香料、鉱物油、アルコール)
・200ml



スポンサーリンク



無印良品マイルドミルククレンジングの概要

無印良品マイルドミルククレンジング
無印良品マイルドミルククレンジングは、無印のジェルやオイルのような人気ではないですが、無印を代表するクレンジングの一つ。

ミルクなので、そこまでしっかりメイクを落とすものではありません。

無印にはクレンジングの特徴という分かりやすい表があって、無印のホームページだったり、パンフレットで確認することができます。

無印良品のパンフレットに書かれたマイルドミルククレンジングの仕様

それによると、マイルドミルククレンジングは、洗浄力は控えめで、洗い上がりはややしっとりするイメージ。

ジェルやオイルと違って携帯用などのサイズがないので、いきなり使ってみるのは少し冒険です。

ここでしっかり使用感やメイク落ちをお伝えするので、参考にしてみて下さいね!

無印良品マイルドミルククレンジングの使用感

無印良品マイルドミルククレンジング
無印良品マイルドミルククレンジングのテクスチャはかなりゆるめ。水分が多い感じです。

例えるなら木工用ボンドの、あの白い接着剤みたいなイメージです。

香りは特にしないのかと思っていたら、イメージと違ってオレンジのような柑橘系の爽やかな香りがします。

前に無印のジェルクレンジングを使ったことがあるんですけど、おそらく同じ香りだと思います。けっして強い香りではなく、さりげな~く香る感じです。

粘り気がないので伸びるっている感じではなく、指でクルクルすると勝手に広がっていきます。

まったく摩擦も感じないので、やさしくメイクとなじませることができます。

すずぐときもサッと落ちるので、いつまでもクレンジング剤のヌルヌルとした感じはしません。

洗い上がりはややしっとりで、つっぱったりということがないですね。

洗った後に30分くらい何もしないままでいたことがあったんですが、それでも乾燥を感じませんでした。

マイルドミルククレンジングというだけあって、かなり肌にやさしく洗える感じがします。

乾燥肌や敏感肌の人が使いやすいクレンジングです。

無印良品マイルドミルククレンジングの成分

無印良品マイルドミルククレンジングの成分

水、水添ポリイソブテン、DPG、ハイブリッドヒマワリ油、エチルヘキサン酸セチル、シクロペンタシロキサン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ステアリン酸グリセリル、セタノール、ポリソルベート60、ステアリン酸PEG-75、ポリクオタニウム-51、スベリヒユエキス、アンズ果汁、モモ葉エキス、グリセリン、BG、カルボマー、TEA、トコフェロール、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、オレンジ油

無印良品マイルドミルククレンジングのメイク落ち

無印良品マイルドミルククレンジングでポイントメイクを落としているところ

無印良品マイルドミルククレンジングでファンデーションを落としているところ

メイク落ちとしては、ミルクタイプなのでさほど良くはないですが、期待していたよりも少し洗浄力は弱めでした。

最終的に落ちたのはポイントメイクではアイシャドウとリップ、ファンデーションではリキッドとパウダーです。

逆にWPのマスカラ、アイライナー、クリームファンデーションは残りました。

そもそもアイライナーやWPのマスカラは落ちないだろうと思っていたので想定内なんですが、アイシャドウやリップがなじませ段階でもう少しスルスル~っといくかなと。

それでもすすぎで落ちたので特に問題はないんですけどね。

他のミルククレンジングと比較しても、マイルドミルククレンジングのメイク落ちは良くもなく悪くもなく、標準的な落ち方だと思います。

そもそもミルククレンジングでは、アイライナーやマスカラは落ちないと思っておいた方がいいでしょうね。

無印良品マイルドミルククレンジングはみずみすしいテクスチャの使用感が肌にやさしい感じですごくいいので、乾燥肌や敏感肌で薄めのメイクをしている人にはおすすめです。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る