ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクは肌にやさしい!

npcm1

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクは、こだわりの植物成分や温泉水を使用した、肌にやさしい成分を使ったメイク落とし。

使ってみた使用感などをレポートします。

●無着色 ●150g



スポンサーリンク



ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクの概要

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルク
ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクに配合されている植物成分はこだわりのもの。

オーガニック認定機関により厳正なる審査を受け認証されたもので、限定された産地にて、有機栽培によって収穫された原料を使っています。

保湿成分のマリーゴールドエキスや、肌に透明感を与えるローズマリーエキスなど、肌に良くてやさしいものを使用。

うるおいを与えながら汚れをしっかり落とし、透明感ある素肌にかえすというクレンジングミルクです。

2009年に発売された商品で、今でも売られているものなので、それなりに需要があるのでしょうね。

どれくらいのメイク落ちで、肌にやさしく洗えるのか使ってみますね!

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクの使用感

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルク
ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクは、プラスチックのパッケージに入っています。

そのパッケージのフタの部分に鼻を近づけると、すでにピュアクレンジングミルクの香りがします。

「深呼吸したくなるフレッシュハーブの香り」ということで、基本的には良い香りだと思いますが、ハーブなので、花というよりは草っぽいです。

そして、パッケージだけでもなんとなく香りが分かるくらい、けっこう自己主張が強いです。

他の方の口コミを見ても、香りに関しては意見が分かれています。

香りが良いという人は、全く問題ないんですが、苦手な人の意見としては、

「おばあちゃんが使っている高い化粧品のような香り」とか、
「お父さんが使用していた整髪料のようなニオイ」のような意見がありました。

確かに言われると、そのように感じなくもないので、香りに敏感で好き嫌いがある方は止めた方がいいかもしれません。

もしくは、もし店頭販売で見かけたら、そっと鼻を近づけてみるとなんとなくわかると思います。

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクのテクスチャは、じゃっかん糸をひくような粘りがあります。

ただ、みずみずしくて滑らかなので、伸びはいいです。メイクをなじませながら顔に広げるのも簡単でした。

すすぐと、ヌルヌルするような感覚がなくしっかり落ちますし、しっとり感が残ってやさしい洗い上がりです。

クレンジング剤がしっかり落ちて、しっとり感が残るというのはあまりないので、使用感はすごくいいです。

また、ふきとりでもいいというので試してみましたが、ふきとるだけでもサッと落ちてベタつきも少ないので、意外と使いやすいです。

ティッシュ1~2枚で顔全体が拭き取れるので、サッとふき取ってそのまま洗顔するのもアリだと思います。

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクの成分

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクの成分

水、エチルヘキサン酸セチル、トリエチルヘキサノイン、BG、ミネラルオイル、DPG、エタノール、ジカプリン酸PG、オリーブ油、トウキンセンカ花エキス、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ローズマリーエキス、温泉水、PEG-11コカミド、TEA、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、カルボマー、ジ(C12-15)パレス-8リン酸、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリソルベート60、メチルパラベン、香料

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクのメイク落ち

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクでポイントメイクを落としているところ

ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクでファンデーションを落としているところ
ネイチャーアンドコーピュアクレンジングミルクは一般的なミルククレンジングの落ち方です。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーはほとんど落ちないですし、リップはかろうじて落ちた感じ。

ファンデーションは全部落ちましたが、クリームファンデは根気よくなじませることでなんとか落ちました。

ただ、ポイントメイクを落とした時点で、クリームファンデは落ちないと思っていたので、意外とベースメイクは落ちるんだなと思いました。

しっかりメイクには物足りないけど、ベースメイクならなんとかなりそうです。

なので、基本的に薄めのメイクに使うのがいいと思います。

ヌルヌル感が残らないうえに、しっとり感がちゃんとある使用感はすごくいいので、洗い上がりがさっぱり、しっとりが好みの方は使いやすいと思います。

ただ、香りの強さが好き嫌いがハッキリ分かれそうなので、そこだけ注意です。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る