クレンジングの選び方!種類毎の特徴から使い分けよう!

tuuhancleansing

クレンジングにはオイル、リキッド、ジェルなどいくつかの種類がありますよね。

個々のクレンジングでも使用感やメイク落ちは違いますが、種類によって大まかな特徴があります。

そして、特徴を把握しておくとクレンジングが選びやすくなります。

種類毎のクレンジングの特徴

クレンジングは、シート、オイル、バーム、リキッド、ジェル、クリーム、ミルクなど種類が分かれています。

・シート、オイル、バーム・・・濃いしっかりメイク向き

これらのタイプのクレンジングは、落ちにくいアイメイクにも対応しているものが多いです。

ただ、シートタイプはメイクを拭き取るときに摩擦が生じてしまうので、普段使いにはあまり向いていません。

旅行や出張などで、普段使っているクレンジングを持ち運ぶのが大変なときなどにとどめておいたほうがいいと思います。

日常的にしっかりメイクをしているのであれば、オイルやバームあたりを使うのがいいでしょう。

バームタイプは比較的最近登場した種類ですが、いくつか使ってみたところ、オイルなみに落ちが良いものが多いです。

ただ、値段は1,500円~2,000円くらいするのが普通で、1,000円以下のようなプチプラのクレンジングバームというのは、あまりありません。

それでも、メイクなじみや使用感の良いものが多いので、それだけの価値はあると思います。

・リキッド、ジェル、クリーム・・・普通~やや濃いメイク向き

クレンジングの種類の中ではちょうど中間くらいの落ちのものが多いです。

しっかり落とすタイプに比べると肌への負担は少ないですし、普段のナチュラルメイクに向いているものが多い印象です。

リキッドタイプは油分が少ないので、ニキビ肌の人やマツエクをしている人が使いやすいクレンジングタイプです。

クリームはやさしいけどメイクなじみはイマイチと思っている人が多いかもしれませんが、実際に使ってみると意外とメイクなじみが良いものが多いです。

ただ、クリームタイプは「オイル化」が重要です。

なじませているうちにクリームの中の水分が飛んで、油分が優勢になりだんだん重くなってきて、ある時フッと軽くなってオイルのようにスルスル滑る状態になります。

これが「オイル化」で、オイル化することでメイクなじみもすごく良くなりますし、すすぐときもきれいに洗い流しやすくなります。

逆に、オイル化できていないと、メイクなじみもイマイチですし、すすぐときもなかなか落ちないという状態になりやすいです。

商品によって、オイル化するのが早かったり遅かったりというのもあるので、クレンジングクリームを選ぶときには、その辺も見ておきたいポイントです。

当サイトでは、動画で紹介しているクレンジングもありますし、オイル化のタイミングについても、できるだけ記載しているので、参考になればと思います。

・ミルク・・・薄い~普通メイク向き

メイク落ちとしては弱いですが、その分、肌への負担も少ないと言われています。

このタイプで落ちるのであればそれに越したことはありませんが、ちょっとメイク落ちが物足りないと感じる人も多いかもしれません。

もちろんこれは一つの目安であり、個々の商品によってメイク落ちは違います。

例えば、ジェルタイプなのにオイルなみに落ちが良かったり、逆にオイルタイプなんだけどメイク落ちがいまいちというものもあります。

ただ、どういうタイプを選べばいいかという参考にはなるので、特徴を把握しておくといいですよ!

クレンジングの選び方

クレンジングを選ぶとき、若い頃は種類などは特に気にせずに、とにかくメイク落ちが良いものを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

若い頃はターンオーバーも活発ですし、肌のバリア機能もしっかりしているので、どのようなクレンジングを使ってもトラブルが起こることは少ないかもしれません。

ただ、30代くらいになってくるとターンオーバーも遅くなってきますし、潤い成分が減少してきたり、バリア機能も弱くなってきます。

そうすると今まで使用していた化粧品に刺激を感じるようになったり、肌に合わなくなってくることがあります。

なので、基本は自分のメイクに応じてクレンジングを使い分けることです。そして、メイクやクレンジングは年齢や肌状態に合ったものに変えていくのがいいでしょう。

クレンジングを選ぶときは、まずメイクがしっかり落ちるということが大事ですので、自分がしているメイクとの兼ね合いになってきます。

しっかりメイクであれば、オイルやバームのような落ちが良いクレンジングを選ぶ必要がありますし、薄めのメイクであれば無理によく落ちるものを使う必要はありません。

自分のメイクが必要最小限の力でしっかり落ちるのが理想です。

まずはクレンジングの種類毎の特徴から、自分のメイクに合った種類を決めると選びやすくなります。

あとは、その中でも商品によってメイク落ちや使用感は変わってくるので、口コミなどの評価を参考に候補を絞っていくのがいいでしょう。

また、クレンジングには、近所のドラッグストアやコンビニ、スーパーなどで購入できる市販のクレンジングもあれば、主に通販で取り扱っている商品もあります。

雑誌などで見たクレンジングをドラッグストアに探しに行ったけどおいてなくて、調べてみたら通販のみで販売しているものだったという経験があるのではないでしょうか。

通販系のクレンジングは、市販のものに比べて値段が高いものが多いですが、値段が高いのにはそれなりの理由があります。

例えば、手間のかかる製法で作っていたり、原材料にこだわっていたり・・・。

やはり高いものになると、メイク落ちや使用感の他に、保湿成分や美容成分が贅沢に配合されていたりするものが多いです。

市販の数百円で買えるクレンジングならそこまで悩むこともないかもしれませんが、主に通販で取り扱っているクレンジングは1,000円~4,000円くらいするのが普通なので慎重に選ぶ必要があります。

やはり購入前に、実際に使用した人の使用感などをしっかりチェックすること。

口コミサイトでの評判を見るのもいいでしょうし、気になっているクレンジング名+口コミなどで調べてみるのもいいでしょう。

当サイトでは、かなりの数のクレンジングについて実際に使ってみた感想を紹介していますので、1つの意見として参考になればと思います。

関連記事

運営者情報

これまでに購入したクレンジング

北海道在住のクレンジング好き一家で鈴木と申します。家族でいろいろ購入し、試したクレンジングは200種近くになりました。このサイトは自分たちの備忘録的な意味もありますが、図書館で調べものをするように、様々なクレンジングを調べることができるようにしたい!そんな意味を込めて、クレンジング図書館として運用しています。
ページ上部へ戻る