クレンジング代わりにオリーブオイルでメイクを落としてみた!

olive1

美容雑誌などで、「オリーブオイルなどの油がクレンジング代わりになるよ!」みたいな記事を見たことありますよね!

実際にどういう使用感で、どの程度メイクが落ちるのか試してみました!


スポンサーリンク



クレンジングの代わりにオリーブオイルを使うメリット

精製オリーブオイル
クレンジングの代わりにオリーブオイルを使うことのメリットは、肌にとってやさしく洗えるという点にあります。

というのも、オリーブオイルの主成分はオレイン酸という成分で、人間の皮脂成分もオレイン酸が約40%。

肌となじみやすいんですね。

それにオリーブオイルには合成界面活性剤など、肌の負担になりやすい成分も含まれていません。

(最近は通常のクレンジングでも合成界面活性剤を配合していないものが多いです)

ただ、オリーブオイルとはいっても、食用やスキンケア用があるので、スキンケア用の精製されたオリーブオイルを使うようにしましょう。

食用とスキンケア用では、もともとオリーブを使っているという点は同じですが、用途が異なるため製造方法が違います。

食用は栄養価や風味を重視して作られますが、スキンケア用は肌に悪影響がないよう、不純物などをできるだけ取り除いて作られます。

精製オリーブオイルは、ドラッグストアなどでも販売されているようですが、私の近所のお店では見つけられなかったので、ネット通販で取り寄せました。

上の写真のものは、私が購入したものです。ネットだと簡単に手に入るので便利です!

オリーブオイルでどこまでメイクを落とす?

オリーブオイルを使ってメイクを落とすとき、おそらくオリーブオイルで顔のメイクすべて落とすことをイメージする方が多いと思います。

もちろんそれもありなんですが、実際に試してみて私がおすすめするのが、リムーバーを使って落とすようなポイントメイクにだけオリーブオイルを使用するやり方です。

私がオリーブオイルを顔全体に使うことにたいして、それほどおすすめしない理由は以下の2つがあります。

・あまり滑らかさがない
・オリーブオイルを落とすのが手間



1つめとしては、通常のクレンジング剤のような滑らかさがありません。(使用するオリーブオイルによるところもあるかもです)

スルスルというわけにはいかないので、やさしくなじませるのにけっこう時間がかかります。

2つめは、メイクとなじませたあと、オリーブオイルを落とすのが大変です。

普通のクレンジングのように、ぬるま湯で洗い流してもきれいに一緒に落ちていくわけではないので、蒸しタオルでやさしく拭き取る方法を勧めている人が多いです。

※蒸しタオルは、タオルを水で濡らして絞ったものを、1分くらい電子レンジで温めればOKです

このように、オリーブオイルでメイク全体を落とすのは、それなりに手間ひまがかかります。

時間があれば特に問題はないんですが、ちょっと面倒かなと。

そこで、ポイントメイクを落とすときにリムーバーの代わりにオリーブオイルを使う方法がおすすめです。

リムーバーは落ちにくいメイクを落とすために作られていて、肌への負担が大きいと言われているので、その代わりにオリーブオイルを使います。

ポイントメイクだけだと、あとでクレンジングも使うので、なじませればオリーブオイルも一緒に落としてくれるので便利ですよ!

オリーブオイルでポイントメイクを落としてみました!

ポイントメイクをオリーブオイルで落としてみたところ

いかがでしょう。オリーブオイルを使って、ポイントメイクを落としてみました。

けっこう落ちてますよね!

やり方としては、コットンにたっぷりオリーブオイルをしみ込ませて、メイクの上に30秒~1分くらい置きます。

あとはやさし~く拭き取るだけです。

そのあと残ったメイクは、普通にクレンジングを使って落とせばOK!

リムーバーだとちょっと刺激が強いという人にはおすすめの方法なので、ぜひ試してみて下さいね!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る