スゴオフクレンジングクリームはオイル化すると良くなじむ!

rscm1

スゴオフクレンジングはロゼットユーザーの声から生まれた、メイクや汚れをすご~くオフするクレンジングシリーズ。

クリームタイプが発売されたので、どのような使用感なのか使ってみました!

●無香料、無着色料、アルコールフリー ●200g






スゴオフクレンジングクリームの概要

スゴオフクレンジングクリーム
スゴオフクレンジングクリームは、ロゼットユーザーの声から生まれた「スゴオフ」シリーズのクリームタイプ。

メイクをしっかり落としたい、毛穴よごれもオフしたいという要望から生まれました。

最初にオイルタイプが発売され、その後にウォータータイプ、そしてクリームタイプが発売されました。

クリームタイプは重ねたベースメイクや古い角質もオフするようになっていて、つるんとうる美肌に導く商品です。

どのような使用感なのか紹介しますね!

スゴオフクレンジングクリームの使用感

スゴオフクレンジングクリーム
スゴオフクレンジングクリームは、白くてやわらかい一般的なミルクのテクスチャです。

香りは無香料で、ほとんどニオイはしません。

鼻を近づけて注意深く嗅いでみると、ほんの少しだけ何かの成分のニオイがするくらいです。

使用方法には適量4~5プッシュ程度となっていますが、個人的には3プッシュくらいでちょうど良いです。

あまり量が多くなってしまうとオイル化するのに時間が掛かってしまうので、最初に3プッシュで使ってみて、足りないようなら足す感じのほうが使いやすいと思います。

オイル化のタイミングは早くも遅くもなく普通で、だいたい数十秒~長くて1分くらいです。

ただ、一般的なクリームタイプは、なじませていくうちに水分が飛んで重くなっていき、あるときフッと軽くなってオイル化します。

その点、スゴオフクレンジングクリームはあまり重くなるような感じはしません。

最初からある程度スルスルと良く伸びて、さほど重くなることなく、そのままさらにすべりが良くなります。

すすぐとツルツルとする感じで、最初はどこまですすげばいいか分かりにくい部分はありました。

ただ、2~3回使ってみると、だんだん感覚が分かってきますし、このクレンジングはメーカーがW洗顔を勧めているので、完全に落としきろうとしなくても大丈夫です。

あまりすすぎで落とし過ぎると、洗顔したときにさっぱりし過ぎてしまうので、その返は調整しつつ洗い流して下さいね!

洗い上がりはスベスベで、どちらかというと少しだけしっとりです。

その後洗顔することで、ちょうど良い自然な肌感になります。

角質クリア成分なども入っているせいか、クリームにしてはそんなにしっとりする感じではないですが、けっこうスッキリするので使用感としては使いやすいです。

スゴオフクレンジングクリームの成分

スゴオフクレンジングクリームの成分

水、ミネラルオイル、コメヌカ油、水添ポリイソブテン、DPG、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、ポリソルベート60、BG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ステアリルアルコール、トリベヘニン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、マンダリンオレンジ果皮エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、パール、ダイヤモンド末、イソステアリン酸、ステアロイルグルタミン酸Na、カルボマー、水酸化Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

スゴオフクレンジングクリームのメイク落ち

スゴオフクレンジングクリームでポイントメイクを落としているところ

スゴオフクレンジングクリームでファンデーションを落としているところ
スゴオフクレンジングクリームのメイク落ちはすごくいいです。

ただ、落ちやすいメイクだと最初の段階からじわじわとなじんでいきますが、WPなどの落ちにくいメイクはオイル化することでなじんでいきます。

なので、最初は「あれ?あまりなじみ方が良くないのかな?」と思ったんですが、オイル化すると急になじみ方が良くなりました。

クリームタイプはオイル化が大事なので、必ずオイル化させて使いましょう!

クリームはジャータイプが多いですが、スゴオフクレンジングクリームはポンプタイプなので、その点は使いやすいです。

オイル化のタイミングは特に早いわけではないですが、スムーズにオイル化しますし、メイクなじみも良く、良い商品だと思います。

しっとり感はそんなにあるわけではないですが、肌がツルスベになるので、肌のざらつきが気になる人にも合っていますよ!




関連記事

運営者情報

これまでに購入したクレンジング

北海道在住のクレンジング好き一家で鈴木と申します。家族でいろいろ購入し、試したクレンジングは200種近くになりました。このサイトは自分たちの備忘録的な意味もありますが、図書館で調べものをするように、様々なクレンジングを調べることができるようにしたい!そんな意味を込めて、クレンジング図書館として運用しています。
ページ上部へ戻る