トップバリュクレンジングリキッドは安いのになかなか優秀だった!

tvcl1

トップバリュクレンジングリキッドは、密着とろみが特徴のイオンのPB商品。

使ってみた正直な感想をレポートします!

●無香料 ●230ml

スポンサーリンク



トップバリュクレンジングリキッドの概要

トップバリュクレンジングリキッド
トップバリュクレンジングリキッドは、イオンのプライベートブランド商品。

イオンPBのクレンジングは、このリキッドの他に、オイル、ジェル、シート、メイクも落とせる洗顔フォーム、メイクも落とせる泡洗顔と、一通り揃っています。

トップバリュクレンジングリキッドは、テクスチャが「密着とろみ」で、肌に密着するようなとろみがあるのが特徴です。

また、ローズヒップオイル、マカデミア種子油、コメ発酵液、コメヌカエキスの4つの植物由来保湿成分を配合しています。

トップバリュのクレンジングはいくつか使ったことがあるんですが、値段が安いわりになかなか優秀というイメージ。

リキッドタイプも手や顔が濡れていても使えるので、使い勝手も良さそうです。

どのような使用感なのか使ってみますね!

トップバリュクレンジングリキッドの使用感

トップバリュクレンジングリキッド
トップバリュクレンジングリキッドのテクスチャは、とろみがあって滑らかです。

リキッドというとサラッとしたものが多いですが、さすが「密着とろみ」というだけあって、けっこうとろみ感が強いです。

香りはなんとなく、エタノールっぽい感じがしないでもないですが、ほとんど気になりません。

適量は4プッシュ程度。すべりも良く、十分な量です。

すすぎではけっこう素早く落ちて、洗い上がりはややしっとりな感じ。

思っていたほどのしっとりではないですが、適度なしっとり感という感じで、使用感はいいです。

素早く落ちるし、洗い上がりもやさしくて、使いやすいですよ!

トップバリュクレンジングリキッドの成分

トップバリュクレンジングリキッドの成分

水、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、PG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PEG-8(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、イソペンチルジオール、PPG-9ジグリセリル、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、カニナバラ果実油、マカデミア種子油、コメ発酵液、BG、コメヌカエキス

トップバリュクレンジングリキッドのメイク落ち

トップバリュクレンジングリキッドでポイントメイクを落としているところ

トップバリュクレンジングリキッドでファンデーションを落としているところ
トップバリュクレンジングリキッドは、一般的なリキッドタイプよりも、少しいいくらいのメイク落ちです。

結果的に一通りメイクは落ちたんですが、WPのマスカラは溶けるというよりははがれ落ちた感じで、アイライナーはじっくりなじませてなんとか落ちました。

それでも、リキッドタイプではWPのマスカラやアイライナーは落ちないものも多いので、そういう面では落ちはいいほうかなと思います。

また、ぬれた状態での落ち方ですが、なじみ方は遅くなりますが(特にしっかりメイク)、使う量を多くしたり、多少時間を掛けることで乾いた状態と同じように落ちました。

使用方法では、手や顔が非常にぬれているときは、軽く水けをきってから使うことを勧めていますが、「おもいっきり濡れていても意外と落ちる」という印象です。

もう少ししっかりメイクがスルっとなじめば申し分ないですが、、値段が安いわりにはなかなか優秀なクレンジングだと思います。

普通~ややしっかりめのメイクで、どちらかというとしっとりの使用感のほうが好みの人。

そして、お風呂場などぬれた状態でもメイクを落とそうと思っている人が、使いやすいクレンジングです!

トップバリュクレンジングリキッドのリニューアル前

トップバリュクレンジングリキッドのリニューアル前
トップバリュクレンジングリキッドのリニューアル前は、まず容器が特徴的な形をしていました。

他のクレンジングでもなかなかない形をしていて、一目でトップバリュのクレンジングリキッドだと分かりました。

この時は使用している保湿成分が異なっていて、スクワラン、セラミド2、ホホバ種子油を配合していました。

セラミド2のようなヒト型セラミドを配合しているクレンジングは使ったことがなかったので、ちょっと珍しかったですね。

ただ、テクスチャは、リニューアル後と変わらないくらいのとろみがあり、ややしっとりの使用感もほぼ同じです。

メイクなじみもリニューアル後とほぼ同じような感じで、特に大きな違いはなく、安いわりには、それなりに良いクレンジングでした。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る