ビオレしっかりクリアジェルでメイク落とし!ポンプタイプを体験!

bscj1

ビオレしっかりクリアジェルはオイルフリーだし、ぬれた状態でも使えるので使いやすそう!

メイク落ちや使用感をチェックしてみました!

●オイルフリー ●W洗顔不要 ●ぬれた手OK ●30g、170g(チューブタイプ)、240g(ポンプタイプ)



スポンサーリンク



ビオレしっかりクリアジェルの概要

ビオレしっかりクリアジェル
ビオレしっかりクリアジェルは毛穴の奥のメイクや、口紅もすばやく浮かせてすっきり落とすクレンジング。

チューブタイプの容器と、ポンプタイプの容器があります。同じクレンジングで違う種類の容器があるのは、少し珍しいですよね。

私の家の近所のドラッグストアでは、ポンプタイプがすごく安く売られていたので、ポンプにしました。

だいたいはネット通販のほうが安いんですが、ときどきドラッグストアで安売りすることがあるので、注意してみておきたいところです。

さて、このビオレしっかりクリアジェルは、オイルフリーですし、ぬれた手でも使えるということで、使い勝手も良さそう。

使用感やメイク落ちはどうなのか、使ってみたいと思います。

ビオレしっかりクリアジェルの使用感

ビオレしっかりクリアジェル
ビオレしっかりクリアジェルは、ドロッとした粘り気のあるテクスチャ。飲むゼリーみたいな感じです。

テクスチャの中にはたくさんの気泡のようなものが見えます。

このようなポンプ式の場合、適量は2~3プッシュというのが普通ですが、しっかりクリアジェルの場合は1プッシュでOK。

押す部分が長いので、1プッシュでも十分な量のジェルが出てきます。

香りはフローラルっぽいんですが、そんなに強いわけではなく、心地よい香りです。

粘り気はありますが、重くはないので、すんなりと顔全体になじませることができます。

すすぎでは、スベスベとした感じがしばらく残りますね。

なので拭き取ったあとはしっとりするかと思いきや、意外とさっぱりします。

アットコスメなどで他の方の口コミを見ても、さっぱりと感じている人のほうが多いようです。

一応、クレンジングのパッケージにも、「肌にやさしく、さっぱりとした洗い上がりです」と書かれているので、その通りだなと思いました。

中にはさっぱりしすぎと感じている人もいましたが、洗顔した後に壮快さを求めている人は好きな使用感だと思います。

ビオレしっかりクリアジェルの成分

ビオレしっかりクリアジェルの成分

水、エトキシジグリコール、ラウリン酸PEG-12、ソルビトール、イソステアリン酸PEG-20ソルビタン、ポリソルベート21、カラギーナン、キサンタンガム、エチルパラベン、BHT、香料

ビオレしっかりクリアジェルのメイク落ち

ビオレしっかりクリアジェルでポイントメイクを落としているところ

ビオレしっかりクリアジェルでファンデーションを落としているところ
ビオレしっかりクリアジェルはジェルタイプの中でも落ちはいいほうです。

WPのマスカラは落ちなかったけど、他のメイクはだいたい落ちました。

アイライナーはけっこう時間がかかりましたが、じわじわと落ちていきました。

他のメイクもスルッというよりはじわじわ落ちていく感じです。

ぬれた状態でも使えるということで試してみましたが、ぬれているとほんの少し洗浄力が落ちます。

特に、アイライナーやクリームファンデーションとなじむのに時間がかかりました。

最終的には乾いた状態と同じように落ちましたが、しっかりメイクをしているのであれば、なるべく乾いた状態で使ったほうがいいかもしれません。

それでも、ぬれているとほとんど落ちなくなるクレンジングもあるので、それを考えると、ぬれていてもある程度使えるクレンジングだと思います。

テクスチャに粘り気があるので、絡め取っていくような感じですね。

ある程度しっかりめのメイクで、入浴中などのぬれた状態で使うことを想定していて、さっぱりした使用感が好きな人に合っていると思います。

また、ビオレしっかりクリアジェルはオイルフリーなので、マツエクをしている人にも便利ですよ!

30gの小さいサイズがあるので、初めての人はお試しで使ってみるといいでしょう。


スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る