ウテナモイスチャーコールドクリームの口コミで評判が良い理由!

umcc1

ウテナモイスチャーコールドクリームは、発売から10年以上経っても人気が衰えない、定評のあるクリームクレンジング。

どれだけ良い商品なのか、使用感などをチェックしてみますね!

●無着色、微香性 ●250g



スポンサーリンク



ウテナモイスチャーコールドクリームの概要

ウテナモイスチャーコールドクリーム
ウテナモイスチャーコールドクリームが最初に発売されたのが2003年。

なめらかな使い心地とメイク落ちが評価され、口コミサイトで1位になったのが2007年です。

かなり長く支持を集めていることが分かりますね。

ちなみに、なぜ「コールド」なのかというと、肌につけたときのひんやり感からきているそうです。

そして、アロエエキス、ホホバオイル、オリーブオイルなどの保湿成分を65%も配合。

クレンジング後の乾燥から守る働きがあり、かなりしっとりしそうな感じです。

口コミサイトの評判を見ても、とても良い評価なんですよね。

ウテナコールドクリームは、いったいどんなクレンジングなのか使ってみたいと思います。

ウテナモイスチャーコールドクリームの使用感

ウテナモイスチャーコールドクリーム
ウテナモイスチャーコールドクリームのテクスチャは保湿クリームのような感じ。

オーソドックスなクリームのテクスチャで、ポンズのクリームクレンジングと似ています。

何の香りかは例えるのが難しいんですけど、かすかに良い香りがします。

適量はマスカット大。

容量が250gと多いわりには値段が安いので、気兼ねなくたっぷり使えるのはいいですね。

顔に広げるのもスルスル~っていう感じでとっても滑らか。

しかも、なじませているうちに温まってくると、さらに伸びが良くなります。

すすぎではかなり流しても、多少クリームが残っている感覚はありますが、ウテナモイスチャーコールドクリームは、W洗顔が必要なクレンジングなので、あまり気にする必要はないでしょう。

洗い流した後は、けっこうなしっとり感があります。

また、拭き取りでもOKということで試してみましたが、洗い流すよりもさらにしっとりした感じ。

洗い上がりがしっとりで、やさしく洗えるので、使用感はとてもいいです。

のちに洗顔することも考えて、よりしっとりしたほうがいいなら、拭き取りで落としたほうがいいかもしれません。

拭き取ってみたら、ティッシュが黒っぽくなって、あらためて自分の顔の汚さを痛感しました(汗)

マッサージする場合は、一度メイクを落としてからマッサージするようにします。

メイクを落としながらマッサージしがちですが、ウテナコールドクリームに関しては、汚れを含んだクリームではマッサージしないようにメーカーさんもいっているので、注意して下さいね!

ウテナモイスチャーコールドクリームの成分

ウテナモイスチャーコールドクリームの成分

ミネラルオイル、水、PG、パラフィン、ステアリン酸PEG-10、セタノール、アロエベラ葉エキス、ホホバ種子油、オリーブ油、カルボマー、PPG-6デシルテトラデセス-20、PPG-6デシルテトラデセス-30、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、エタノール、BG、ジメチコン、TIPA、メチルパラベン、香料

ウテナモイスチャーコールドクリームのメイク落ち

ウテナモイスチャーコールドクリームでポイントメイクを落としているところ

ウテナモイスチャーコールドクリームでファンデーションを落としているところ
ウテナモイスチャーコールドクリームはメイク落ちがとてもいいです。

WPのマスカラはさすがに落ちませんでしたが、それ以外のメイクはほぼ落ちました。

アイライナーもなじませている最初の数秒間は、あ~やっぱりクリームタイプじゃ落ちないか~、と思ったんですが、いったんなじみ出したらあとはどんどん落ちていきました。

アイシャドウやリップ、ファンデーションもなじませているうちに落ちてしまいました。

私のクリームクレンジングに対する感覚としては、肌にはやさしいけど、マスカラやアイライナー、クリームファンデは落ちないというイメージ。

なので、ウテナモイスチャーコールドクリームは、クリームタイプの中でもかなりメイク落ちがいいほうです。

肌にもやさしくて、これだけメイク落ちがいいので、評判も良く長く売れ続けているんですね。

しかもこの値段。使ってみて人気の理由が分かりました。

友達に「市販で良いクリームクレンジング知らない?」って聞かれたら、やさしさ、メイク落ち、価格の点から、まっさきに勧めたくなるクレンジングでした!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る