超人気洗顔料AHAウォッシュクレンジングを購入!その実力は?

ahaw1

AHAウォッシュクレンジングは発売開始から10年以上も人気がある驚きの洗顔料です。人気の秘密は何なのか、ドラッグストアで購入して使ってみました!


スポンサーリンク



AHAウォッシュクレンジングの概要

AHAウォッシュクレンジング
AHAウォッシュクレンジングはフルーツ酸の力で古い角質を落とし、マッサージして血行を促進するとともに、酵素の力で毛穴の奥の老廃物をも取り除く洗顔料。

最初に発売されたのは2005年だから、もう10年以上も支持されていることになります。

長年売れ続けているから、アットコスメでも口コミの数は膨大で、評判もそれなりにいいんですよね。

個人的にはAHAウォッシュクレンジングのようなメイクも落とせる洗顔料って、今までの経験上メイク落ちはそんなに良くないと思っています。

でも、どうしてこんなにロングセラーになっているのか気になったので、購入してみました。

AHAウォッシュクレンジングの使用感

AHAウォッシュクレンジング
取り出した感じは、けっこうしっかりしたテクスチャで、すごく爽やかなリンゴの香りがふわっとしてきます。

ウォッシュクレンジングとはいっても、感じとしてはほぼ洗顔料ですね。

しかもクレンジングだと、普通は肌が乾いた状態で使いますが、AHAウォッシュクレンジングはメイク汚れをしっかり落としたい場合でも、濡らした肌に対して使うのが基本。

だから入浴中にメイクを一緒に落としたい人は使いやすいと思います。

そしてメイクと馴染ませてみると、まるで砂でも混ざっているような、かなり細かいスクラブの粒子を感じます。汚れがよく落ちそうです。

洗い流したときも、普通のクレンジング剤だとヌルヌルした感じがしばらく続きますが、普通の洗顔のように落ちてヌルヌル感は残りません。

洗った後はさっぱりして、本当にいろんな汚れが落ちたなって感じです。ただ、洗浄力は強めなので、乾燥肌や敏感肌の人にはどうかなって思いました。

そう思ったら、商品に貼ってあったシールにも、しっかり「普通肌からオイリー肌」って書いてました(汗)

使った感じとしても乾燥肌になる30代以降というよりは、20代前半とか比較的若い人に向いていると思います。

AHAウォッシュクレンジングの成分

AHAウォッシュクレンジングの成分

水、ミリスチン酸、ステアリン酸、水酸化K、BG、ポリエチレン、グリセリン、ジグリセリン、パルミチン酸、ジステアリン酸グリコール、ラウリン酸、ラウラミノジ酢酸Na、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、オリーブ油、オレンジ果汁、カンジダボンビコラ/グルコース/ナタネ油脂肪酸メチル発酵物、キウイエキス、パパイン、ポリクオタニウム-51、リンゴ果汁、エチドロン酸、ステアリン酸PEG-75、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ソルビタン、デキストリン、ラウラミドDEA、リンゴ酸、水酸化Na、EDTA-4Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

AHAウォッシュクレンジングのメイク落ち

AHAウォッシュクレンジングでポイントメイクを落としているところ

AHAウォッシュクレンジングでファンデーションを落としているところ

AHAウォッシュクレンジングは洗顔と一緒になったクレンジングということで、そこまでメイク落ちは期待していなかったんですが、かなり落ちがいいです!

さすがにウォータープルーフのマスカラと、アイライナーは完全に落とすことはできませんでしたが、メイクなじみがいいんですね。

アイシャドウやリップ、ファンデーション系も、なじませているうちに落ちたような感じです。

クリームタイプのファンデーションはどうかと思っていましたが、洗い流してみたらしっかり落ちていました。

テクスチャがしっかりしているので、水分を多めになじませたほうがメイクなじみも良くなりますし、使いやすいです。

年齢が若くて普通肌~オイリー肌の人。そしてしっかりめのメイクをしている人に合っていると思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る