ロゼットクレンジングミルクは洗わなくても大丈夫?使用感は?

rcm1

ロゼットクレンジングミルクは2004年に発売以来、リニューアルしながら売れ続けているロングセラーのクレンジングです。

洗わないクレンジングミルクというのがどのようなものか試してみました!

●W洗顔不要 ●無着色、無鉱物油、アルコールフリー、シリコンフリー ●スティンギングテスト済み(塗布時の刺激感の有無を確認するテスト) ●180ml

スポンサーリンク



ロゼットクレンジングミルクの概要

ロゼットクレンジングミルク
ロゼットクレンジングミルクは、フランス式洗顔法と取り入れているクレンジング。

フランスでは水が硬水のためソープやフォームが泡立ちにくいという事情があるそうです。

そのため、フランスの女性の洗顔方法は、乳液状やクリーム状のクレンジング剤で汚れを浮かせて、化粧水で拭き取って完了するのだとか。

いやいや、でもここは日本だから、普通に洗い流すのでいいんじゃない?と思ったんですが、洗い流さないことで肌の水分を守るメリットもあるそうです。

洗い流さないミルクタイプは初めてなので少し不安もありましたが、2004年からリニューアルしつつもロングセラーになっているクレンジングなので気になります。

本当に洗わなくても大丈夫なのか、使用感などを試してみました!

ロゼットクレンジングミルクの使用感

ロゼットクレンジングミルク
ロゼットクレンジングミルクは、やわらかくて普通の乳液のようなテクスチャ。

プッシュすると、ちゅるちゅるって1本の線のように出てくるんですけど、少し時間が経つとなじんでひとかたまりになります。

水分が多くてあっさりしたものと比べると、少しヌルつきがある感じがします。

香りはラベンダーの香りということですが、個人的には正直そんなに良い香りとは思いませんでした。

まぁそんなにきつい香りではないので、使いにくいということはないと思います。

ロゼットクレンジングミルクは「洗わない洗顔のススメ」とはなっていますが、使い方としては3種類あります。

1.ティッシュで拭き取る
ふき取るだけなのでかなりしっとり感が残ります。

ふき取った直後は、少しペタペタする感じはありますが、時間が経つとほとんど気にならなくなりました。

2.湿らせたコットンで拭き取る
湿らせてある分、拭き取るだけよりはサラッとした感じ。

ふき取るのと、水ですすぐ方法の、ちょうど中間くらいのしっとり感だと思います。

コットンは3、4枚使いました。

3.水かぬるま湯ですすぐ
3つの方法の中では一番さっぱりしますが、感覚としてはややしっとりな感じです。


しっとり感でいうと、1>2>3のイメージです。

使う前には不安もありましたが、拭き取らなくても違和感なく使えましたし、特に問題ありませんでした。

ただ、個人的には、普通に洗い流すのが合っています。

私は乾燥肌ですが、洗ってもそこまでさっぱりという感じではなく、ちょうど良いくらいでした。

さっぱり感が希望の人には向いていないですが、肌質やお好みで使い方を変えることができるので、とても使いやすいと思います。

ロゼットクレンジングミルクの成分

ロゼットクレンジングミルクの成分

水、BG、グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、トリエチルヘキサノイン、オリーブ油、PEG-75、(C13-15)アルカン、ポリソルベート60、スクワラン、ステアリン酸グリセリル、ダイズ胎座エキス、ローヤルゼリーエキス、オタネニンジン根エキス、水添レシチン、ラベンダー油、パルミチン酸セチル、ステアリルアルコール、TEA、アクリル酸アルキルコポリマー、カルボマー、キサンタンガム、酢酸トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール

ロゼットクレンジングミルクのメイク落ち

ロゼットクレンジングミルクでポイントメイクを落としているところ

ロゼットクレンジングミルクでファンデーションを落としているところ
ロゼットクレンジングミルクのメイク落ちは、ミルクタイプにしてはかなりいいです!

さすがにWPのマスカラはほとんど落ちませんでしたが、その他のポイントメイクやファンデーションはなじませているうちに落ちました。

一番驚いたのは、アイライナーが落ちたこと。

ミルクタイプで落ちるものは少ないですし、商品パッケージにも軽め~普通メイク用と書かれているので、そこまでのメイク落ちとは思いませんでした。

自分好みの方法で使用感を変えられますし、メイク落ちもいいので、ロングセラーになっているのも納得です。

普段、プチプラ系を愛用していると、少し値段が高いと感じるかもしれませんが、それだけの価値が感じられるクレンジングミルクですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る