専科パーフェクトジェルメイク落としの口コミはイマイチ?実際は?

spg1

専科パーフェクトジェルメイク落としは洗い流しも拭き取りもできるジェルクレンジング。

口コミでの評判を見ると、イマイチという意見も多いですが、実際はどうなのか使ってみた感想をご紹介します!

※こちらの商品はリニューアルして、専科オールクリアジェルという商品が出ています

CHECK専科オールクリアジェルを使ってみた!人気の専科シリーズが一新!

●無着色 ●W洗顔不要 ●アレルギーテスト済み ●160g

スポンサーリンク



専科パーフェクトジェルメイク落としの概要

専科パーフェクトジェルメイク落とし
専科パーフェクトジェルメイク落としは、毛穴の奥のメークや皮脂汚れもすっきり落とすクレンジング。

洗い流し、拭き取り、どちらもOKです。ジェルタイプで拭き取りOKなのも珍しいですね。

ただ、この専科パーフェクトジェルメイク落とし。口コミでは厳しい意見も多いんですよね。

そのような厳しい評価では、メイク落ちがイマイチという意見が多かったです。

個人的にはこのシリーズで気になるのは香り。

基本的にいい香りなんですが、同じシリーズを使ったときに、ちょっとキツイというか鼻につく感じがあったんですよね。

ジェルタイプでは香りはどうなのか。使用感やメイク落ちとともにチェックしてみます!

専科パーフェクトジェルメイク落としの使用感

専科パーフェクトジェルメイク落とし
専科パーフェクトジェルのテクスチャは、乳白色でやわらかめ。

ミルククレンジングっぽい感じもします。

専科シリーズは、みずみずしいフローラルの香りで基本的にはいい香り。

専科のリキッドタイプを使っときに、少しキツイ感じがしたんですが、ジェルタイプはそこまでではないです。

私が感じた専科のクレンジングシリーズで香りが強い順に並べると、リキッド>オイル>ジェル>ダブルウォッシュになります。

柔軟剤のような香りが好きな人は全く問題ないと思いますが、しばらく嗅いでいるのが苦手な人はあまり向いていないかもしれません。

テクスチャがやわらかいので、なじませるのはとてもスムーズ。

拭き取りも洗い流しもできるということで、両方とも試してみました。

拭き取りでは、意外とベタつくことはなく、しっとり感があってスベスベした感じです。ただ、香りはけっこう残ります。

洗い流しでは、ややしっとりで肌はスベスベ。クレンジング剤がサッと落ちてヌルヌルする感じはあまりしません。それに洗い流す分、香りもあまり残らないです。

個人的には、しっとり感や残り香の感じが洗い流すほうが合っていますが、どちらにしても使用感はいいので、お好みで選ぶといいでしょう。

専科パーフェクトジェルメイク落としの成分

専科パーフェクトジェルメイク落としの成分

水、シクロメチコン、BG、DPG、ジメチコン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、グリセリン、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、イソドデカン、パルミチン酸エチルヘキシル、PEG-10水添ヒマシ油、カルボマー、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、水酸化K、EDTA-2Na、エタノール、トコフェロール、クエン酸、ソルビン酸K、メチルパラベン、香料

専科パーフェクトジェルメイク落としのメイク落ち

専科パーフェクトジェルメイク落としでポイントメイクを落としているところ

専科パーフェクトジェルメイク落としでファンデーションを落としているところ
口コミではメイク落ちがイマイチという意見もありましたが、私は、ジェルタイプの中でもメイク落ちはいいほうだと感じました。

専科パーフェクトジェルでWPのマスカラは落ちきらなかったですが、その他のメイクはなじませているうちにじわじわと落ちていきました。

スルッとはいきませんが、アイライナーやクリームファンデなどの、比較的しっかりめのメイクもじわじわなじんでいきます。

化粧品との相性もあるので、必ずしも落ちるとは言えませんが、そんなに悪いクレンジングではないですし、使用感も良かったです。

気になる点といえば、他のクレンジングよりも香りが少し強めかなということ。フローラルの香りが大丈夫な人は、特に問題なく使えると思います。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る