ナイーブディープクリアオイルクレンジングの本音体験レビュー!

ndoc1

ナイーブディープクリアオイルクレンジングは、しっかり汚れを落として滑らか肌に導くクレンジング。

どのような使用感なのか、本音の体験レビューです!

●170ml

スポンサーリンク



ナイーブディープクリアオイルクレンジングの概要

ナイーブディープクリアオイルクレンジング
ナイーブディープクリアオイルクレンジングは、毛穴の奥からサッと浮かせて落とすクレンジング。

皮脂に似た成分構造を持つマカデミアナッツ、そして潤い成分としてオリーブオイルを配合。

オイルクレンジングですが、やさしく洗えるように作られています。

そもそもナイーブは洗う成分が植物性で、ボディソープやシャンプーなども肌にやさしいというイメージがあるブランドですよね!

ただ、このナイーブディープクリアオイルクレンジングに関しては、口コミサイトを見てみると、評価としては可もなく不可もなくといったところ。

実際のところはどうなのか使ってみますね!

ナイーブディープクリアオイルクレンジングの使用感

ナイーブディープクリアオイルクレンジング
ナイーブディープクリアオイルクレンジングのテクスチャは、比較的サラッとしています。

容器を軽く押すだけで、ポタポタと出てきますね。

中途半端に出そうとすると、クレンジング液が出口付近に付着して、使っているうちにそれが広がっていってしまいます。

なので、ときどきティッシュなどでキレイに拭かなければいけないのは、少し気になりました。

容器が緑色だし、オリーブオイル配合ということで、勝手にアロマっぽい植物系の香りをイメージしていたら、香りはフレッシュフローラル。

柔軟剤みたいな香りですが、そんなに強く香るわけではなく、ちょうど良い感じです。

伸びはいいんですが、サラッとしているので、あまりオイルに厚みのようなものを感じません。

ちょっと多めに使ったほうが、安心感があります。

一応、使用方法にはティースプーン3杯位が適量ということになっています。

(ティースプーン3杯という目安は少し珍しいですね)

すすぐときは、滑る感じはけっこう続きますね。どこまですすげばいいかというのが少し難しかったです。

ただ、ナイーブディープクリアオイルクレンジングは、おそらくW洗顔が必要だと思うので、メイクさえ落ちてしまえば、後で洗顔するのでそんなに気にする必要はないと思います。

※ディープクリアオイルクレンジングの使用方法にはW洗顔については記載されていません。記載されていない場合はクレンジングの後に洗顔をするのが普通だと考えています

洗い上がりは、鼻のざらつきも滑らかになるような感じ。

やさしく洗える感じはさすがナイーブですね。使用感としては、さっぱりより、しっとりを求めている人に合っていると思います。

ナイーブディープクリアオイルクレンジングの成分

ナイーブディープクリアオイルクレンジングの成分

ミネラルオイル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、水、オリーブ果実油、マカデミア種子油、香料

ナイーブディープクリアオイルクレンジングのメイク落ち

ナイーブディープクリアオイルクレンジングでポイントメイクを落としているところ

ナイーブディープクリアオイルクレンジングでファンデーションを落としているところ
ナイーブディープクリアオイルクレンジングは、メイク落ちがとてもいいです。

WPのマスカラはじわじわでしたが、他はスルスルとなじみ、メイク落ちの良いオイルタイプの典型といった感じ。

使用感はやさしいし、メイク落ちもいいので、口コミサイトでの評価も、もう少し高くてもいいような気がします。

ぬれた手はNGですが、値段もプチプラですし、しっかりメイクにここまで機能してくれれば満足度は高いと思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る