クレンジングリサーチオイルクレンジングはメイクがスッキリ落ちる?

croc1

クレンジングリサーチシリーズは累計3000万個も突破した人気シリーズ。

中でもメイク落ちが強力そうなのが、このオイルクレンジングです。

どのような使用感なのか使ってみました。

●無着色、アルコールフリー、無鉱物油 ●145ml



スポンサーリンク



クレンジングリサーチオイルクレンジングの概要

クレンジングリサーチオイルクレンジング
クレンジングリサーチオイルクレンジングはウォータープルーフのマスカラも角栓もするんと落とすメイク落とし。

このシリーズは、フルーツ酸(AHA)を配合して不要な角質を取り除くのと、爽やかなりんごの香りが特徴です。

2001年にクレンジングリサーチソープが誕生し、オイルクレンジングが発売されたのは2007年のこと。

その後も、敏感肌シリーズやいろいろなシリーズが発売され、オイルクレンジングもリニューアルしながら今も売れ続けている人気商品です。

メイク落ちがかなり良さそうなイメージですが、実際のところどうなのか使ってみたいと思います。

クレンジングリサーチオイルクレンジングの使用感

クレンジングリサーチオイルクレンジング
クレンジングリサーチオイルクレンジングのテクスチャはけっこうなとろみがあります。

上から落とすと、ハチミツみたいにツーっと垂れていく感じ。ただ、そこまで重くはありません。

クレンジングリサーチシリーズの特徴として、りんごの香りがいいですね。

本物のりんごというよりは人工的な感じはしますが、とても良い香りです。

アイスキャンディーなんかのりんご味の香りに近いと思います。

2プッシュ位が適量となっていますが、私の場合は3プッシュくらいでちょうど良い感じです。

顔に広げるのもとても簡単で、なめらかにスルスルと広がります。

すすぐと肌がツルツルした感じになって、これがフルーツ酸の働きなんでしょうね。

ざらざらした感じがなくなり、肌がとても滑らかになります。

ただ、洗った後はつっぱったりはしませんが、けっこうさっぱり感があります。

私はそもそも乾燥肌なので余計にそう感じるのかもしれませんが、しっとりする洗い上がりを求めている人には合っていないような気がします。

と思ったら、商品説明にも普通肌~オイリー肌と書かれていますね・・・(汗)

普通肌~オイリー肌でメイクを落としながら肌を滑らかなツルツル素肌にしたい人にはいいですよ!

クレンジングリサーチオイルクレンジングの成分

クレンジングリサーチオイルクレンジングの成分

水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、パルミチン酸エチルヘキシル、DPG、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、シクロペンタシロキサン、テトライソステアリン酸ソルベス-30、オリーブ果実油、サボンソウ葉エキス、ソルビトール、トコフェロール、モモ果汁、モモ葉エキス、リンゴ果汁、BG、カルボマー、グリセリン、ハイブリッドヒマワリ油、リンゴ酸、水酸化K、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

クレンジングリサーチオイルクレンジングのメイク落ち

クレンジングリサーチオイルクレンジングでポイントメイクを落としているところ

クレンジングリサーチオイルクレンジングでファンデーションを落としているところ
クレンジングリサーチオイルクレンジングのメイク落ちはとてもいいです!

ウォータープルーフのマスカラはなじむのに少し時間がかかりましたが、他のメイクはするっとなじんでいきました。

テクスチャにとろみがあって、しっかり溶かして絡め取ってくれる感じです。

濡れた状態でも使えるということで試してみたら、実際に落ちはいいですが、しっかりメイクはなじむのに少し時間がかかりました。

特にウォータープルーフのマスカラはなじみにくくなりますし、アイライナーも乾いたときの2~3倍くらいは時間がかかった感じです。

アイシャドウやリップ、ファンデーション系は、乾いているときの落ち方とさほど変わらなかったです。

しっかり系のメイクをしているときは、なるべく乾いた状態で使ったほうがよさそうです。

使用感としては肌がスベスベになりましたが、けっこうサッパリめの洗い上がりなので、しっかりメイクをしている普通肌~オイリー肌の人が使いやすいでしょう。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る