ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは安いのに高機能!

nbhb1

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは、世界各地から厳選したオリーブを選定し、ベストバランスで配合したボタニカルクレンジング。

バームタイプにしては値段もプチプラで、しかもホットクレンジングにもなっているなかなか高機能なクレンジングです。

●パラベンフリー、動物由来原料フリー、サルフェートフリー、着色料フリー、合成香料フリー、アルコールフリー ●170g

スポンサーリンク



ナイーブボタニカルホットクレンジングバームの概要

ナイーブボタニカルホットクレンジングバーム
ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは、厳選した小豆島産のオリーブを使用したクレンジング。

バームだけどホットクレンジングでもあるので、じわ~っとする温感もあり、メイクや毛穴汚れを浮き上がらせて落とすクレンジングです。

オイルやリキッド、ジェルも販売されている、ナイーブボタニカルシリーズの一つ。

どのような使用感やメイク落ちなのか使ってみますね!

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームの使用感

ナイーブボタニカルホットクレンジングバーム
ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは、バームにしてはやわらかめのテクスチャ。

通常、バームタイプはテクスチャが硬めなので、ジャータイプの容器でスパチュラを使って取るものが多いです。

チューブタイプのバームも増えてきてはいますが、やはりテクスチャが硬いので押し出すのが大変で、使い終わる頃には容器がぐちゃぐちゃになってしまうものもあります。

その点、ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは、そこまで硬くはないので比較的出しやすいです。

香りはオリーブフォレストの香りで、何となく植物っぽくて爽やかな香りです。

バームにしてはやわらかめと言いましたが、粘度がかなりあって重い感じがします。

手の平と手の平をくっつけて、パッと離してみると糸を引くような粘りがあります。

なので、ナイーブの公式HPでも、最初に手の平で温めてやわらかくするよう書かれています。

そうすることで、手の平でじわじわ温かくなってきますし、滑りも良くなってくるので、事前になじませておくのがおすすめです。

で、顔にのせてみると、けっこうしっかりした温かみがあります。

最初は重かったテクスチャも、この段階ではだいぶ滑りが良くなり、メイクとなじませるのもラクになっています。

すすぎは、クレンジング剤がしっかり落ちた感じはありますが、ツルツルした感じが残ります。

その後はしっとり感が続き、つっぱったり乾燥するような感じもありません。

さすが厳選したオリーブ配合のボタニカルクレンジング!使用感はやさしくていいですよ!

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームの成分

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームの成分

グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、DPG、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、パルミチン酸エチルヘキシル、イソノナン酸イソノニル、水添ポリイソブテン、オリーブ葉エキス、オリーブ果実油、スクワラン、ハマメリス葉エキス、PEG-40水添ヒマシ油、水、カルボマー、BG、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、イソヘキサデカン、HEDTA-3Na、水酸化K、メントール、ポリソルベート80、オレイン酸ソルビタン、トコフェロール、香料

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームのメイク落ち

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームでポイントメイクを落としているところ

ナイーブボタニカルホットクレンジングバームでファンデーションを落としているところ
ナイーブボタニカルホットクレンジングバームのメイク落ちは、バームタイプにしては普通です。

バームタイプだとWPのマスカラに対応したものも多いですが、このクレンジングバームはほとんど落ちませんでした。

その他のメイクは、じわじわなじんで落ちていきます。

粘度が高いので、絡め取るような感じですね。

バームタイプの中ではメイク落ちがすごくいいわけではないですが、WPさえ使っていなければ、だいたい対応できると思います。

それにクレンジングバームというと、2~3,000円くらいするのが普通。

その中にあって、ナイーブボタニカルホットクレンジングバームは、かなりプチプラな部類です。

ホットクレンジングとしてもしっかりした温かみがあるので、この値段でこれだけの機能やメイク落ちがあれば、十分納得のクレンジングですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る