菊正宗クレンジングバームはメイクが素早くスルッとなじむ!

kmcb1

有名老舗酒造メーカーが発売した、落ちにくいメイクもするんっと落とす菊正宗クレンジングバーム。

使用した感想をまとめました!

●合成香料不使用、無着色、無鉱物油、シリコーンフリー ●93g






菊正宗クレンジングバームの概要

菊正宗クレンジングバーム
菊正宗というと、何か化粧品らしからぬ名前ですよね。

それもそのはずで、「菊正宗」というのは酒造会社で、江戸時代中期の1659年、徳川四代将軍家綱の時代から始まった、かなり歴史のある会社です。

化粧品成分で米発酵液とも呼ばれる日本酒には、皮膚の水分を保持する力があり、肌をみずみずしく整えると言われているそうです。

そこで菊正宗では、日本酒成分を配合したさまざまな化粧品を出しています。

クレンジングでは、バームの他に、ジェルタイプやふき取りタイプのローションがあります。

ジェルタイプに関しては以前使用してレビューを書いているので、興味のある方はご覧くださいね!

菊正宗日本酒のメイク落とし体験レビュー

ここで紹介する菊正宗クレンジングバームは、酒造の強みを生かして、保湿成分である10種の米由来成分と5種の発酵酵母系成分を配合しています。

クレンジング、洗顔、毛穴ケア、マッサージ、洗い流しパックの5つの役割が1つでできるという商品です。

また、3種のヒアルロン酸と2種のビタミンC誘導体でハリや弾力を、2種の乳酸菌成分で明るい透明感のある肌へ導きます。

それでは実際どのような商品なのか、紹介していきますね!

菊正宗クレンジングバームの使用感

菊正宗クレンジングバーム
菊正宗クレンジングバームは、フタの裏にスパチュラが付いています。

そして、中にパッキンがあるので、まずはそれを外しましょう。

香りは天然ライムということで、何となくレモンのような爽やかな柑橘系の香りです。

そんなに強いニオイではなく、フワッとさりげなく香る感じ。

菊正宗のクレンジングジェルは、香りにお酒っぽさを感じたんですが、バームタイプはお酒感が一切なく、全然違う香りになっています。

菊正宗クレンジングバーム

そして菊正宗クレンジングバームのテクスチャは、やや硬めです。

ただ、硬めとはいっても、あくまで他のバームタイプと比べての話で、スパチュラが入っていかないとか、取りにくいということはありません。

柔らかめのバームだと、アイスとかジェラートを取るときのように、なめらかにスパチュラが入っていくんですが、菊正宗の場合は、少し崩れて取れてくるような感じです。

このように少し硬めの場合、なじませて溶けていくときに、「ダマ」ができやすいです。

なめらかに一気に溶けるのではなく、ところどころ小さなかたまりができます。

実際使うときは、多少小さなかたまりができてもさほど気にすることはないんですが、きれいに溶かそうとすると、小さなかたまりを指で押しつぶすようにしてくと早いです。

溶けると濃厚なオイルみたいな感じになり、摩擦は全く気にすることなくなじませることができます。

すすぐとクレンジング剤が落ちた後は、スルスルすべる感じが続きます。

洗い流した後は、肌がスベスベでややしっとりのやさしい使用感です。

さすがに保湿成分や美容成分が贅沢に配合されているだけあって、ややしっとりの使用感が長く続いていい感じですよ!

菊正宗クレンジングバームの成分

菊正宗クレンジングバームの成分

パルミチン酸エチルヘキシル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ポリエチレン、イソステアリン酸PEG-6グリセリル、イソノナン酸イソトリデシル、コメエキス、コメヌカエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカ油、コメ胚芽油、酒粕エキス、加水分解コメエキス、加水分解コメタンパク、オリザノール、グリセリルグルコシド、コメ発酵液、酵母エキス、加水分解酵母、加水分解酵母エキス、サッカロミセス培養溶解質液、乳酸桿菌/乳発酵液(牛乳)、乳酸桿菌/豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、アスコルビルグルコシド、リン酸アスコルビルMg、グリチルリチン酸2K、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン、グリシン、アスパラギン酸、セリン、バリン、プロリン、イソロイシン、トレオニン、ヒスチジン、アラニン、フェニルアラニン、アルブチン、水、グリセリン、BG、DPG、トコトリエノール、デキストリン、乳酸Na、PCA、PCA-Na、リゾレシチン、水添レシチン、ライム油、グレープフルーツ果皮油、エタノール、トコフェロール、マロン酸ジエチルヘキシルシリンギリデン、フェノキシエタノール

菊正宗クレンジングバームのメイク落ち

菊正宗クレンジングバームでポイントメイクを落としているところ

菊正宗クレンジングバームでファンデーションを落としているところ
菊正宗クレンジングバームのメイク落ちはすごくいいです!

固形のバームをメイクの上にのせた瞬間から、メイクとなじんでいくくらいの感じです。

ですから、バームを溶かそうとしてなじませているうちに、ある程度のメイクがなじんでしまいます。

※WPマスカラはさすがにスルスルではなかったですが、それでもなじむのが早いです

使用感のところで菊正宗クレンジングバームは少し硬めで「ダマ」ができやすいと言いました。

ただ、これだけなじみがいいので、多少のダマがあってもおかまいなしにどんどんなじんでいくため、あまり気にする必要はありません。

バームタイプはメイクなじみが良いものが多いですが、初めてバームを使う方は、たぶんこのなじみの良さには驚かれるんじゃないかと思います。

それくらい、メイクが浮き上がって、素早くスルッとなじむような感覚です。

バームとしては標準的な価格でプチプラではないですが、使用感もいいですし、かなり満足度の高いクレンジングですよ!




関連記事

ページ上部へ戻る