スキンビルホットクレンジングジェルでじんわり温感効果を体験!

svhc1

スキンビルホットクレンジングジェルは、頑固な皮脂汚れを浮かし落とし、自然な肌状態に導く商品。

温感がどのような感じなのか、使ってみました!

●パラベンフリー、フェノキシエタノールフリー、合成香料フリー、紫外線吸収剤フリー、シリコンフリー、エタノールフリー、鉱物油フリー、タール系色素フリー ●200g




スキンビルホットクレンジングジェルの概要

スキンビルホットクレンジングジェル
スキンビルホットクレンジングジェルは、温感効果で毛穴汚れをじんわりぽかぽかオフし、肌を引き締めて滑らかにするクレンジングです。

シリーズとしても人気があり、クレンジングにもいくつか種類がありますし、化粧水やピーリングジェル、シートマスクなども発売しています。

ホットクレンジングというとマナラが有名ですが、スキンビルのほうは価格がリーズナブルで利用しやすくなっています。

どのようなクレンジングなのか、使ってみた感想を紹介しますね!

スキンビルホットクレンジングジェルの使用感

スキンビルホットクレンジングジェル
スキンビルホットクレンジングジェルは、見た目オレンジ色で重めのテクスチャ。

糸をひくような粘りがあり、ハチミツのような感じです。

香りはオレンジそのものっていう感じで、柑橘系で癒されるようなとても良い香りがします。

テクスチャは重めなので、あらかじめ手の平で温めたり、なじませておいたほうが使いやすくなります。

特に寒い時期はけっこう重く感じるので、よくなじませましょう。

適量はマスカット粒大ですが、量が少ないと伸びがイマイチな感じがするので、少し多めに使ったほうがいいです。

テクスチャがなじんでくると、スルスルとまではいきませんが、ある程度すべりが良くなってきます。

温感はすごく温かいというわけではないですが、じわじわくる感じで、それなりに温かみは感じます。

粘度が高いテクスチャなので、すすぐときは最初に軽くなじませて、乳化させておいたほうがいいです。

先になじませておくことで、クレンジング剤はわりとすんなんり落ちて、ツルツルとした感覚になります。

洗い上がりはどちらかというと、ややさっぱりめな感じですが、つっぱったり乾燥したりということはないです。

粘度が高いせいか、汚れも一緒にスッキリ落ちた感があります。

もう少し温感が強ければなお良いと思いますが、使用感はいいですよ!

スキンビルホットクレンジングジェルの成分

スキンビルホットクレンジングジェルの成分

グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、アロエベラ液汁、グリチルレチン酸ステアリル、(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル、カラメル、アルテロモナス発酵エキス、ヒドロキシアパタイト、イワベンケイ根エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、ハマメリス葉エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ホウセンカエキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、クリサンテルムインジクムエキス、アーチチョーク葉エキス、レモン果汁、オレンジ果汁、ライム果汁、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、ハチミツ、セラミド3、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、オリーブ果実油、オレンジ油、カルボマー、酢酸トコフェロール、BG、トコフェロール、PG、ペンチレングリコール、水、水酸化Na

スキンビルホットクレンジングジェルのメイク落ち

スキンビルホットクレンジングジェルでポイントメイクを落としているところ

スキンビルホットクレンジングジェルでファンデーションを落としているところ
スキンビルホットクレンジングジェルのメイク落ちは、だいたい一般的なジェルタイプの落ち方です。

WPマスカラは落ちませんでしたが、これは普通。

アイライナーがかろうじてですが落ちたので、なかなかメイク落ちが良いと思ったんですが、クリームファンデが落ちきらず、まぁ普通かなという感じです。

クリームファンデは落ちるけど、アイライナーは落ちないというのが多いので、スキンビルのような逆のパターンは珍しいですが、この辺は化粧品との相性などもあるかもしれません。

また、テクスチャがわりと重めなんですが、ある程度すべりが良くなったほうがメイクとなじみやすくなるので、そこまでしっかりなじませるというのも重要です。

しっかりメイクには弱めなので、どちらかというとナチュラルメイク向きかなと思います。

全体的には標準的なクレンジングだと思いますが、価格がリーズナブルなので、ホットクレンジングがどういうものか使ってみたいという人におすすめです。




関連記事

ページ上部へ戻る