うる落ち水クレンジングシートブライトアップのメイク落ち!

urusb1

ビフェスタうる落ち水クレンジングシートブライトアップは、アットコスメのその他クレンジング部門で口コミランキング1位になったこともある人気のクレンジング。どうしてそんなに人気があるのか使ってみました。


スポンサーリンク



うる落ち水クレンジングシートブライトアップの概要

うる落ち水クレンジングシートブライトアップ
ビフェスタうる落ち水クレンジングシートシリーズは、化粧水成分から作ったクレンジングなので、メイク落としから化粧水まで1枚で済んでしまうという優れもののシートです。

拭き取りタイプなので洗い流す必要がありません。また、ブライトアップはAHAの一種が配合されているので、メラニンを含む古い角質を落としてくれることも期待できます。

口コミでも、液がたっぷり含まれているので優しくメイクを落とせる使用感と、実際にメイク落ちが良いということでお気に入りの人が多いようです。

それではうる落ち水クレンジングシートブライトアップを体験してみますね!

うる落ち水クレンジングシートブライトアップの使用感

うる落ち水クレンジングシートブライトアップ
まず取り出し口がキャップ式というのがいいですね。

テープだけで開け閉めするやつだと、やり方によっては空気が入ってしまって、最後のほうのシートが乾き気味になってしまうことがあるので、キャップ式だと空気がもれる心配がありません。

取り出した感じでかなりヒタヒタのシートであることが分かります。

少し強くシートをつまんでみると、液がジュワっとにじんできます。

うる落ち水クレンジングのシートは大判なので、1回のメイク落としにシート1枚で足りました。

大きさはだいたい20cm×16.5cmくらい。四つ折りにして10cm×8.25cmくらいの大きさです。

シートが小さいと1回のメイク落としに2~3枚使うこともあるので、そういう意味でも使いやすいです。

かなり水分が多いですし、肌へのやさしさを考えた摩擦低減処方になっており、実際にメイクを落とすときも摩擦は感じませんでした。

また、拭いたあとはスベスベになった感じで、無香料なのでニオイも全く気になりません。

拭いた直後はペタッとくっつくような感じがしますが、時間が経つとサラっとしてくるので気にならなくなります。

非常に使いやすいシートだと思います。

うる落ち水クレンジングシートは化粧水までが1枚で完了してしまうので、旅行やお泊りにも活躍してくれますよ!

うる落ち水クレンジングシートブライトアップの成分

うる落ち水クレンジングシートブライトアップの成分

水、エタノール、グリセリン、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ジイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ステアロイルグルタミン酸Na、クエン酸Na、EDTA-2Na、クエン酸、乳酸、ビスグリセリルアスコルビン酸、PEG-32、PEG-6、フェノキシエタノール、メチルパラベン

うる落ち水クレンジングシートブライトアップのメイク落ち

うる落ち水クレンジングシートブライトアップでポイントメイクを落としたところ

うる落ち水クレンジングシートブライトアップでファンデーションを落としたところ

実際使ってみると、やっぱりメイク落ちはとてもいいですね!

ただ、私が使っているウォータープルーフのマスカラは最終的に少し残りました。

うる落ち水クレンジングシートブライトアップの使用方法にも書いてありますが、ウォータープルーフのマスカラはものによっては落ちにくい場合があるようです。

そんなときは、メーカーもうる落ちメイクアップリムーバーを使うよう勧めています。

とはいえ、メイク落ちはいいし、コスパもいいのでまた使いたくなる商品です。

ただ、ブライトアップは46枚入りの他に、持ち運びに便利な10枚入りの携帯サイズも販売されています。

近所のドラッグストアでみたときは46枚サイズしか置いてなかったんですよね。

逆に、コンビニでは携帯サイズだけ置いていました。

コスパ的には46枚入りのほうがいいですが、持ち運んで使いたいという場合は重いしかさばるので向いていません。

※46枚入りは注意書きにも液がもれ出る恐れがあるので持ち歩きはご遠慮くださいと書かれています

持ち運んで使うことを考えているなら、コンビニで携帯サイズを買ったほうがいいですよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る