DHCメークオフシート!ポイントメークもすっきり落ちるは本当?

dhcms1

DHCと言えばクレンジングはとても人気がありますよね。

シートはあまり聞いたことがなかったんですが、コンビニで見かけたので、「きっといい商品に違いない」と思って購入!

どんなクレンジングシートなのかご紹介しますね!

●無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油不使用 ●50枚入り/12枚入り

スポンサーリンク



DHCメークオフシートの概要

DHCメークオフシート
DHCと言えば、手頃な価格でいい化粧品が多いので、愛用している人も多いと思います。

今回購入したDHCメークオフシートは、コンビニで見かけて衝動買いしてしまいました。

「ポイントメークも毛穴の汚れもすっきり落とす!」というシートなので、メイク落ちがよさそう。

植物性スキンケア成分配合で、100%天然のコットンを使用しているので、肌にもやさしそうです。

実際、どんな感じなのか体験してみました!

DHCメークオフシートの使用感

DHCメークオフシート
DHCメークオフシートを取り出してまず思ったのは、シートが厚めでしっかりしているということ。

拭き取るのには安定していて使いやすそうですが、ちょっと固そうな感じもします。

それから、ヒタヒタ感はあまりないです。ちょっと水分は少ないような・・・

シート自体の大きさは袋には10cm×15cm(100mm×150mm)と書かれていますが、だいたい10.5cm×14.5cmくらいでした。

シートとしては、どちらかというと小さめのサイズです。

ただ、シートが厚めでしっかりしているので、2つ折りでもいけそうな気もしますが、個人的には4つ折りにしたほうが安定感が増して使いやすいと思います。

4つ折りにするとだいたい5.2cm×7.2cmくらいになるので、1回のメイク落としで2枚は使うことになると思います。

香りは無香料ですが、何かの成分のようなちょっと変わった香りが・・・

鼻を近づけないと分からないくらいなので、メイクを落としているときはほとんど気になりませんが、正直あまり良い香りではないですね。

また、水分が少ないのと、シートがしっかりしているので、拭くときに少しこすってる感があります。

あまり強くはこすらないほうが良さそう。

ただ、拭いたあとはベタつきがないので、使用感はすごくいいです。拭いたあとは洗わなくても全く気になりません。

なので、そんなにこすらなくても落ちるような薄めのメイクであれば、なかなか使いやすいシートだと思います。

DHCメークオフシートの成分

DHCメークオフシートの成分

水、BG、へキシレングリコール、ココアンホ酢酸Na、PEG-40水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、ココイルアルギニンエチルPCA、クエン酸、アロエベラ液汁、エチドロン酸、カミツレエキス、オタネニンジンエキス

DHCメークオフシートのメイク落ち

DHCメークオフシートでポイントメイクを落としているところ

DHCメークオフシートでファンデーションを落としているところ
DHCメークオフシートのメイク落ちは、一言でいうと、可もなく不可もなくといったところ。

自分のイメージとしては「もうちょっと落ちて欲しかったかな」って感じ。

アイシャドウとリップは一拭きでスルッと落ちましたが、アイライナーは何度か拭いているうちにじわじわ落ちていき、最終的にかろうじて落ちました。

ウォータープルーフのマスカラはほとんど落ちません。

ファンデーションのほうは、どのタイプも一拭きでほぼ落ちる感じ。

アイライナーはスルッといくイメージだったので、アイメイク系には少し弱いと思いました。

ただ、ウォータープルーフは別にして、メイクはだいたい落ちますし使用感もいいので、そんなにしっかりメイクをしていなくて、アイメイクも軽めの人であれば、使いやすいクレンジングシートではあると思います。

逆に、パッチリアイメイクをしている人には向いていないと思います。(一応、マスカラは、まつげをシートで軽く5~10秒おさえると落としやすくなると書かれていますが、ちょっと弱い感じ)

50枚入りのほうがコスパはいいですが、気になったらとりあえず12枚入りの携帯サイズを購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る