ピュアヴィヴィクレンジングシート!大判で使いやすいけど欠点は?

pucs1

ピュアヴィヴィクレンジングシートは1枚でマスカラまでスッキリ落とせるという人気シート。

メイク落ちや使用感の率直な感想を体験レポートします!

●無香料、無着色、ノンオイル、ノンパラベン、アルコールフリー、カチオン性活性剤フリー ●W洗顔不要 ●50枚



スポンサーリンク



ピュアヴィヴィクレンジングシートの概要

ピュアヴィヴィクレンジングシート
ピュアヴィヴィクレンジングシートは、1枚でスッキリ落とせて、しっとり保湿もできるシートです。

肌にやさしい低刺激処方になっていますし、W洗顔不要なので、乾燥、敏感肌の人も使いやすそう。

ただ、口サイトを見てみても、評価は高いんですが、中には水分が少ないとか、乾燥するという意見もちらほら。

実際のところはどうなのか、使ってみて、メリット、デメリットを紹介しますね!

ピュアヴィヴィクレンジングシートの使用感

ピュアヴィヴィクレンジングシート
ピュアヴィヴィクレンジングシートの第一印象としては、まずパッケージがすっごい大きい!

大判とは書いてありましたが、ネットで注文したので、大きさのことは気にしていませんでした。

けっこう重みもあるので、持ち運ぶのにはあまり向いていないです。

使うときは、まずフタ中にある中栓のリングを引っ張って、開けます。

ピュアヴィヴィクレンジングシートの中栓

シートを取り出してみると、やはり大判だけあってシート自体も大きいです。これなら1枚で全体のメイクを落とせそう。

広げてみると、だいたい17cm×20cmくらいあり、使うときは4つ折りくらいでちょうどいい感じです。

4つ折りにしてシートを強く押してみるとジュワっと液が染み出るんですが、他のシートタイプと比べるとヒタヒタ感は少なめな感じ。

シートも薄めで、香りはほぼないですね。

ただ、4つ折りくらいで使うのでシートの層ができ、拭くときはけっこう弾力があるので、硬いとは思いません。

摩擦も感じませんでしたが、ヒタヒタ感が少ないせいか、拭き取ったあとは意外とサッパリ。

刺激とかつっぱり感はないですが、そこまでしっとり保湿ではない感じでした。

乾燥肌の人はどうかなと思いましたが、サラッとした使い心地のほうが好きな人には、合っていると思います。

ピュアヴィヴィクレンジングシートの成分

ピュアヴィヴィクレンジングシートの成分

水、DPG、プロパンジオール、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、BG、アロエベラ葉エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、グリセリン、スフィンゴモナスエキス、リンゴ果汁、モモ果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、グレープフルーツ果実エキス、ハトムギ種子エキス、イソステアリン酸PEG-10グリセリル、ラウリン酸PEG-12、トコフェロール、サリチル酸、クエン酸Na、クエン酸、PPG-14ポリグリセリル-2エーテル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、フェノキシエタノール

ピュアヴィヴィクレンジングシートのメイク落ち

ピュアヴィヴィクレンジングシートでポイントメイクを落としているところ

ピュアヴィヴィクレンジングシートでファンデーションを落としているところ
ピュアヴィヴィクレンジングシートのメイク落ちはいいです。

私が使っている化粧品では、ベースメイクはもちろん、ウォータープルーフのマスカラも落ちました。

ただ、ファンデーションやアイシャドウ、リップなどはスルッといく感じですけど、マスカラやアイライナーはそうではありません。

数秒間なじませないと落ちないので、しっかり系のメイクについては少し弱い感じもします。

他の方の口コミでは、マスカラが落ちないとおっしゃっている人がいたので、使っている化粧品にもよるでしょう。

50枚入りでずっしり重くてサイズも大きいので、持ち運んで使おうと思っている人には向かないと思います。

ただ、シートが大判で使いやすいというのと、ややしっかりめのメイクをしていて、比較的サラッとした使い心地が好きな人は使いやすいと思いますよ!

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る