ラメランスクレンジングオイルはメイクなじみや使用感が優秀!

llco1

ラメランスクレンジングオイルは、うるおいを守りながら、WPマスカラもしっかり落とせるメイク落とし。

使ってみたら、メイクなじみ、使用感ともに優秀なクレンジングでした!

●230ml




ラメランスクレンジングオイルの概要

ラメランスクレンジングオイル
肌は、角質層の細胞間脂質の中に、水分と油分が規則正しく並んでいることで、うるおいが保たれています。

この構造をラメラ構造といいます。

ただ、これまでの洗浄成分(界面活性剤)は、このラメラ構造を乱してしまい、乾燥につながってしまっていたんだとか。

そこでラメラ構造を壊さずに、しかも、モイスチャー成分でラメラのすき間を埋めてうるおいを閉じ込めるようにしたのが、ラメランスのクレンジングです。

ジェルタイプも販売されていて使ってみましたが、オイルタイプに匹敵するようなメイクなじみの良さでした。

今回、ラメランスクレンジングオイルのほうを使ってみたので、使用感などを紹介しますね!

ラメランスクレンジングオイルの使用感

ラメランスクレンジングオイル
ラメランスクレンジングオイルは、オイルタイプにしてはサラッとしたテクスチャです。

さほどとろみがなく、リキッドに近い感じ。

香りはフローラルっぽい良い香りですが、そんなに強く香るわけではなく、フワッと香る程度なので、くどい感じがなく誰でも使いやすいと思います。

触るとヌルッとはするんですが、そんなにとろみがないので、顔にのせてみるとさほど厚みを感じません。

適量は4プッシュ程度となっておりますが、実際それくらい使ったほうがいいと思います。

2プッシュだと少ないですし、最低でも3プッシュ、やはり4プッシュ~あると安心感があります。

すすいでみると、クレンジング剤が落ちた後にツルツルとした感じが残ります。

適度なしっとり感があって、使用感はとてもいいですよ!

ラメランスクレンジングオイルの成分

ラメランスクレンジングオイルの成分

パルミチン酸エチルヘキシル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、水添ポリイソブテン、ミネラルオイル、スクワラン、イソドデカン、テトライソステアリン酸ソルベス-30、水、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミド2、セラミド5、グリセリン、BG、トコフェロール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、コレステロール、香料

ラメランスクレンジングオイルのメイク落ち

ラメランスクレンジングオイルでポイントメイクを落としているところ

ラメランスクレンジングオイルでファンデーションを落としているところ
ラメランスクレンジングオイルのメイク落ちはすごくいいです。

WPマスカラはじわじわ溶けるような感じでなじみ、他のメイクは軽くなでるだけでスルスルとなじみました。

また、ぬれた状態でもOKということで使ってみましたが、こちらもなかなかメイクなじみが良かったです。

乾いた状態よりはなじむのが遅くなりますが、それなりになじんでくれました。

WPマスカラは乾いた状態で落としたほうがいいと思いますが、その他はストレスを感じないようなレベルです。

ぬれた状態OKのクレンジングって、乾いた状態では落ちていたのに、落ちきらなくなってしまうものも多いんですよね。

たくさんのクレンジングを使ってきましたが、ぬれた状態でも納得のできる落ち方をする商品って本当に少ないです。

そういう意味でも、このラメランスクレンジングオイルは優秀だと思います。

正直使ってみて、ほとんど悪い点は見つかりませんでした。

テクスチャがさらっとしている分、量は少し多めに使ったほうがいいな~くらいです。

乾いた状態でもぬれた状態でも使いやすいですし、ほど良いしっとり感で使用感もいいです。

しっかりメイクをしていて、メイクを落とすときに乾燥しやすいと感じている人に試していただきたい商品です。




関連記事

ページ上部へ戻る