ウィズ洗い流せるメイク落としはスッキリ落ちるのにしっとり!

wamo1

ウィズ洗い流せるメイク落としは、マッサージもできる、うるおいを残しながら洗えるクレンジングクリーム。

実際の使用感について紹介します!

●無香料、無着色 ●300g




ウィズ洗い流せるメイク落としの概要

ウィズ洗い流せるメイク落とし
ウィズ洗い流せるメイク落としを販売しているのは、PDCという会社です。

この会社は、様々なコンセプトでスキンケアやメイク化粧品を販売していて、たくさんのブランドを立ち上げています。

ウィズというのも、肌に負担をかけずにしっかり洗浄でき、マッサージもできるというクレンジングシリーズです。

シリーズといっても、現時点でウィズはここで紹介する洗い流せるメイク落としと、ふき取るメイク落としの2種類だけですが・・・。

ちなみにPDCのクレンジングでは、ピュアナチュラルというブランドでも、マッサージクレンジングがあります。

ピュアナチュラルマッサージクレンジングの体験レビューはこちら

ウィズ洗い流せるメイク落としは、どのようなクレンジングクリームなのか、使ってみた感想を紹介しますね!

ウィズ洗い流せるメイク落としの使用感

ウィズ洗い流せるメイク落とし
ウィズ洗い流せるメイク落としは柔らかめのクリームです。

だいたいクリームタイプの場合、柔らかいクリームであっても、時間が経っても指ですくったところがそのまま残っているんです。

でも、ウィズの場合は最初は跡になっても、時間が経つとなじんできて、すくったところが分からなくなります。

クリームタイプのなかでも、柔らかめ(ゆるめ)のテクスチャです。

無香料ではありますが、若干成分的なニオイはします。ただ、強いニオイではなく、ほとんど気にならないレベルです。

ゆるめなので広げるときもスルスルと広がっていきます。

クリームタイプはオイル化が重要ですが、ウィズ洗い流せるメイク落としはオイル化が早いほうです。

オイル化が遅いものだと1分以上かかるものもありますが、ウィズの場合はいつもだいたい数十秒程度でオイル化します。

なじませていると、少しだけ重くなってきますが、すぐにスルスルと滑りが良くなります。

きちんとオイル化していると、クレンジング剤が残る感じがなくスッキリ落ちます。

ただ、スッキリ落ちるんですけど、肌はややしっとりな感じです。

やさしく洗えて、使用感はいいですよ!

ウィズ洗い流せるメイク落としの成分

ウィズ洗い流せるメイク落としの成分

ミネラルオイル、水、BG、グリセリン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジメチコン、ステアリン酸PEG-25、スクワラン、加水分解コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ミツロウ、ステアリン酸、カルボマー、エチドロン酸、水酸化Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン

ウィズ洗い流せるメイク落としのメイク落ち

ウィズ洗い流せるメイク落としでポイントメイクを落としているところ

ウィズ洗い流せるメイク落としでファンデーションを落としているところ
ウィズ洗い流せるメイク落としのメイク落ちはいいです。

WPマスカラはじわじわですが、落ちやすいメイクは最初からじわじわとなじんでいきますし、アイライナーなどのしっかりメイクはオイル化することでなじんでいきます。

最近のクレンジングクリームはなじみが良いものが多く、このウィズもなじみが良い部類に入ると思います。

ただ、フタに貼ってあるシールには、ぬれた手でもしっかり落とすと書かれているんですが、ぬれた状態だとメイクなじみは良くなかったです。

ウィズ洗い流せるメイク落としのフタ

WPマスカラ、アイライナーはほとんどなじまなかったですし、その他のアイシャドウ、リップ、クリームファンデ、リキッドファンデは多少薄くはなるものの落ちきらなくなりました。

ぬれた状態OKのクリームというのはどちらかというと珍しいですが、クレンジングの役割としてはあまり使えない印象です。

ぬれているとオイル化するタイミングもよく分からないですし、実際メイクなじみも良くないので、乾いた状態で使うものだと思っていたほうがいいと思います。

クレンジングとしては、オイル化が早くメイクなじみもいいですし、すすぎでもしっかり落ちるのにややしっとりで優しい使用感のとても良いクレンジングだと思います。

せっかく良いクレンジングなので、あえて「ぬれた手でも~」というのは書かなくてもいいんじゃないかと思いました。




関連記事

ページ上部へ戻る