オルビスオイルカットクレンジングジェルを使ってみました!

ocg1

オルビスオイルカットクレンジングジェルは、しっかりメイクもこすらずオフできるメイク落とし。

人気のオルビスだけにジェルにも期待大!どのような使用感なのか使ってみました!

●無香料、無着色、無油分、アルコールフリー ●マツエクOK ●ぬれた手OK ●150g

スポンサーリンク



オルビスオイルカットクレンジングジェルの概要

オルビスオイルカットクレンジングジェル
オルビスと言えば、クレンジングリキッドがすごい人気ですよね!

リキッドはかなり有名で、殿堂入りしてもいいくらいのクレンジングですが、オルビスのカタログを見るまでジェルタイプがあるのを知りませんでした(汗)

ちょっと影に隠れるようなイメージの、オルビスオイルカットクレンジングジェル。

美容液級のリッチな保湿成分を配合し、弾力ジェルでぷるんともち肌に導くクレンジングです。

ウォータープルーフには対応していないですが、しっかりメイクもこすらずオフし、ぬれた手OK、マツエクOKと使い勝手も良さそう。

ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビ肌の人も使いやすい仕様になっています。

オルビスクレンジングジェルがどのような感じなのか使てってみますね!

※ちなみにオルビスでウォータープルーフに対応しているのは、オルビスザクレンジングワンというリキッドタイプのクレンジングです

オルビスオイルカットクレンジングジェルの使用感

オルビスオイルカットクレンジングジェル
オルビスオイルカットクレンジングジェルのテクスチャは、やわらかいですが、少し粘着力のあるジェル。

ジェルの上に指を乗せて離すと、ちょっと糸を引くような粘りがあります。

商品説明では弾力のある濃密ジェルということですが、思っていたほどの弾力は感じませんでした。

ただ、オイルやリキッドのような液体と比べると、なじませたときに肌に直接触れているような感覚がなく、厚みがあるというかクッション的な役割をしている感じがします。

なので、摩擦がなく、やさしくメイクを落とすことができます。

オルビスのクレンジングでとても使いやすいと思うのが、すすいだときの落ち方がはやいこと。

リキッドタイプもそうでしたが、オイルカットであるせいか、だらだらと残っている感じがありません。

ジェルタイプはリキッドに比べて保湿成分が豊富で、乾燥肌人向けとのこと。

確かに洗い上がりは、リキッドがさっぱりなのに対して、ジェルはややしっとりな感じで乾燥肌の人に合っていると感じました。

肌もすべすべになったような感じで、つっぱり感もなく、使用感はいいですよ!

オルビスオイルカットクレンジングジェルの成分

オルビスオイルカットクレンジングジェルの成分

水、DPG、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、ジメチコン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、BG、カルボマー、PEG-75、水酸化K、シリル化シリカ、トコフェロール

オルビスオイルカットクレンジングジェルのメイク落ち

オルビスオイルカットクレンジングジェルでポイントメイクを落としているところ

オルビスオイルカットクレンジングジェルでファンデーションを落としているところ
オルビスオイルカットクレンジングジェルのメイク落ちは、ジェルタイプにしてはいいです。

WPのマスカラはほぼ落ちませんでしたが、その他は落ちました。

ただ、アイライナーはけっこう時間が掛かったし、なんとか落ちた感じでした。

また、ぬれた手でも使えるということですが、私の場合はアイライナーは落ちきりませんでした。

なので、アイライナーなどしっかりメイクになると、ぬれた状態だとちょっと厳しい感じがします。

それでもその他のメイクについては、乾いた状態とそんなに変わらなかったので、その辺はさすがオルビスだなと思いました。

すすぎでもサッと落ちて使用感がとてもいいので、乾燥肌で、ナチュラル~ややしっかりメイクの人に向いていると思います。

※しっかりメイクのときは乾いた状態で使うことをおすすめします

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る