無印クレンジングのおすすめランキング!失敗しない選び方もご紹介!

mujirank

とても人気がある無印のクレンジング。でも初めて購入するときは、どのタイプを買えばいいのか迷いますよね。

そこで、無印の基本的なタイプのクレンジングをどのように選べばいいか、おすすめのランキングをご紹介します。



スポンサーリンク



無印クレンジングの特徴を確認しよう!

無印良品のパンフレット
無印のクレンジングには基本的なタイプとして、オイル、ジェル、リキッド、ミルク、クリーム、アイメイクアップリムーバーがあります。

基本的と言ったのは、他にもエイジングケアシリーズのジェルクリーム、オーガニックシリーズのクリームもあるからです。

ここでは、アイメイクアップリムーバーを除いた無印クレンジングの基本ラインについて、おすすめのクレンジングランキングをご紹介します。

その前に、実は無印ではクレンジング力や洗い上がりについて、おおよそのクレンジングの特徴を、ホームページやパンフレットで公表しています。

それを見るとだいたいの無印クレンジングの仕様が分かるのでとても選びやすくなりますよ!

表からイメージすると以下のようになります。

種類・・・クレンジング力、洗い上がり

・オイル・・・しっかり、ややしっとり
・ジェル・・・しっかり、ややさっぱり
・リキッド・・・ややしっかり、ややさっぱり
・ミルク・・・ややマイルド、ややしっとり
・クリーム・・・マイルド、ややしっとり


スポンサーリンク


無印クレンジングのおすすめランキング!

無印のクレンジングを実際に使ってみた使用感やメイク落ちから、おすすめのランキングをご紹介します。

1.無印マイルドジェルクレンジング
無印マイルドジェルクレンジング
ある程度のしっかりメイクも落ちますし、ナチュラルメイクであれば1本で十分なクレンジング力だと感じました。

使用後の肌がツルスベになり、普段使いにおすすめです。

ただ、パンフレットによると、マイルドジェルとマイルドオイルタイプのクレンジング力は同じくらいの位置づけになっていますが、無印のHP上の表では、ジェルはオイルよりは少し弱い感じ。

実際はウォータープルーフのマスカラが落ちきらず、しっかりメイクに対するメイク落ちが、オイルよりは少し弱い感じがしました。

なので、しっかりメイクをしている人はマイルドオイルタイプを選ぶか、リムーバーなどを併用してジェルタイプを使うのがいいと思います。

無印良品のクレンジング人気ランキングでも、マイルドジェルとマイルドオイルは、常に争うように売れています。

この2つのクレンジングは特に人気があるので、普通サイズ、大容量サイズ、携帯用サイズが用意されています。

コスパがいいのは大容量サイズですが、初めてで不安がある人は、コスパはあまり良くないですが、携帯用サイズでお試ししてみるのがいいと思います。

無印マイルドジェルクレンジングのより詳しい使用感を知りたい場合は、無印マイルドジェルクレンジング体験レビューをご覧下さい。


2.無印マイルドオイルクレンジング
無印マイルドオイルクレンジング
しっかりメイクをしている人におすすめなのが、このマイルドオイルクレンジング。

現在発売されている無印良品の中で、1番クレンジング力が強いと感じました。

無印良品に限らず、オイルクレンジングというくくりの中でもかなりメイク落ちが良いと思います。

スルスル溶けるような感じです。

そこまでクレンジング力が強めでも、洗い上がりはどちらかというとしっとり感があります。

オリーブオイルやホホバオイルを配合しているせいか、すすぐときには少しヌルヌルするのが気になりましたが、水気を拭き取ってしまえば特に残る感じもしないので使用感は悪くないです。

こちらも試すときは携帯用がいいですが、マイルドオイルクレンジングの場合、マイルド保湿洗顔フォームと一緒になった1回分のセットがあるので、最も安くお試しするならそれを利用するのがいいでしょう。

無印マイルドオイルクレンジングのより詳しい使用感を知りたい場合は、無印マイルドオイルクレンジング体験レビューをご覧下さい。


3.無印オイルフリーリキッドクレンジング
無印オイルフリーリキッドクレンジング
無印のクレンジングの特徴による表の通り、オイルやジェルタイプと比べると、しっかりメイクに対するクレンジング力は弱めです。

私が使っているウォータープルーフのマスカラやアイライナーは残りました。

一般的なリキッドタイプでは、アイライナーは落ちるのものが多いので、そういう意味ではリキッドタイプの中でもクレンジング力はやや弱めかもしれません。

ただ、ナチュラルメイクであれば1本で十分対応できると思いますし、すすぐとサッと落ちて、ややさっぱりめの使用感がとてもいいです。

しっかりメイクをしていない人の普段使いにいいですし、オイルフリーなのでマツエクをしている人やニキビ肌の人も使いやすいです。

無印リキッドクレンジングも携帯用サイズが販売されているので、まずはそれでお試ししてみるのがいいと思います。

無印オイルフリーリキッドクレンジングのより詳しい使用感を知りたい場合は、無印オイルフリーリキッドクレンジング体験レビューをご覧下さい。


4.無印マイルドミルククレンジング
無印マイルドミルククレンジング
そもそもクレンジング力としてはマイルドよりなので、しっかりメイクには向いていません。

その分、やさしく洗えるというものです。

実際、ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、ベースメイクではクリームファンデも残りました。

ほとんど薄めのメイクしかしないという人は、普段使いに向いていると思います。

すすぎではサッと落ちてややしっとり感が残り、やさしく洗えている感じがします。

無印ミルククレンジングはお試しサイズがないので、通常サイズを購入するしかないですが、普段が薄めのメイクであれば十分活躍してくれるでしょう。

無印マイルドミルククレンジングのより詳しい使用感を知りたい場合は、無印マイルドミルククレンジング体験レビューをご覧下さい。


5.無印マイルドクリームクレンジング
無印マイルドクリームクレンジング
無印のクレンジングの特徴から見ると、クレンジング力としては最もマイルドよりなのが、このクリームクレンジング。

実際、ウォータープルーフのマスカラやアイライナー、クリームファンデが残りました。

ただ、クレンジング力としてはミルクタイプのほうが上になっていますが、微妙な感じ。

正直、クレンジング力については、ミルクとクリームでそんなに違いを感じなかったんですよね。

洗い上がりではクリームタイプのほうがしっとり感は感じられたので、使用感の違いで選ぶのがいいかなと思いました。

薄めのメイクで、普通のしっとり感が好きならミルクタイプ、よりしっとりするのを好むならクリームタイプを選ぶのがいいと思います。

ちなみに無印のクリームクレンジングには、基本ラインとは別のオーガニックシリーズで、オーガニッククリームクレンジングがあります。

無印クレンジングの表から見る特徴では、マイルドクリームタイプとオーガニッククリームタイプのクレンジング力は、ほぼ同じ位置になっています。

ただ、使ってみるとオーガニッククリームタイプのほうが、よりしっかりめだと思いました。

通常タイプに比べて値段も少し高いんですが、洗い上がりのしっとり感が好みで、よりしっかりめのクレンジング力を求めるなら、オーガニッククリームクレンジングのほうがいいと思います。

オーガニッククリームクレンジングも体験レビューを書いているので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

無印オーガニッククリームクレンジングの体験レビュー

無印マイルドクリームクレンジングのより詳しい使用感を知りたい場合は、無印マイルドクリームクレンジング体験レビューをご覧下さい。

無印クレンジングの選び方!

無印に限った話ではありませんが、クレンジングを選ぶときに大事なのは、メイク落ちが良いということよりも、自分のしているメイクがしっかり落ちるだけの洗浄力があるものを選ぶことだと思います。

そういう意味では、しっかりメイクをしているのであれば、クレンジング力もしっかりめのものを選んだほうがいいですし、逆に薄めのメイクをしているのであれば、クレンジング力はマイルドなものでも良いということ。

ですからここでは無印クレンジングのおすすめランキングを紹介させていただきましたが、ランキング上位から選ぶというよりも、自分のメイクと照らし合わせながら、「私のしているメイクなら、このクレンジングで落ちる」という視点で選ぶのがいいと思います。

クレンジングは化粧品との相性などもあるので、一概に同じような結果になるわけではありませんが、無印のクレンジングで購入に迷ったときの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



関連記事

ページ上部へ戻る